全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ラグーンギタースクール スクールブログ 曲づくり

曲づくり

ご無沙汰です!

今月は久しぶりにライヴとかがないので、やりたかった曲作りをしています!

曲ってどう書くの??理論とか熟知してないと書けないんじゃない??って思ってる方多いと思います

私も昔はそうでした、ですが、今はちゃんと書けてます

さて、具体的に私が書く場合どういう事からやっていくかと言うと
リフから作る コード進行から作る、この二つで作っています

リフの場合はリズムマシンとかで、ペンタトニックスケールやその他のスケール、コードトーンなんかを適当に弾いて

ん?このフレーズ良いなぁって所から始まって、そのリフのKEYと使うコードを探して、構築して行きます、ポイントはループ出来る、メロディアスな(歌える)フレーズを作る事です、そこからは連想ゲームみたいに、Aメロのコード~Bメロのコード進行~って作っていきます

それを繰り返してるうちに、曲の骨組みが出来てきます

出来上がったら、MTりゃDAWなんかで録っていって、ギター録り終えたら、ベースパートを作っていきます~みたいにどんどんやっていくと土台が出来ていきますので、それに、メロディーや歌を乗っけて仕上げていきます
木工作や料理に似ていますね

最後に作品として出せるように、デコレーションして出来上がりって感じです

コード進行の制作が、下書きだとすると、録音は制作、編集は塗装or盛りつけみたいな感じです

 

(2010年11月10日(水) 1:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

安定したバッキング、タッチを手っ取り早く会得できます

ラグーンギタースクール
清水大樹 (エレキギター)

高田馬場・池袋・西日暮里・日暮里・御徒町・秋葉原

ブログ記事 ページ先頭へ