全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ ギターライフを...

ギターライフをより良く送る為に

講師のtanakaです。

今回はぬる〜い話でいきます。笑


僕はギターを始めてから結構早い段階で密かにプロになる事を漠然とですが考えていました。
ですから、音楽学校にも通いましたし、今までに色んな方々にも師事してきました。
バンドも色々組んで、いろんなジャンルを経験して、様々な事を学びました。

もちろん毎日の練習は欠かした事はありません


ですが、時にはギターが…、というか音楽そのものが嫌になった時期もあり、ギターを見るのも嫌になった事もあります。
そんな時でも「練習しなければ!」と自分に言い聞かせて練習に明け暮れたものです。

まぁその結果今があるのですが。


ですが…

それはあくまで、自分が「プロになりたい・上手くなりたい」と思っていたからであって、もし僕のギターに対する姿勢が完全趣味志向だったら…、僕の事ですから、速攻ギターにホコリをかぶせていた事でしょう。笑



これはね、僕の他の人に対する考えなんですが、例えば行き詰まったりして、なんかもうギターを弾きたくないなって思ったら、弾かなくてもいいと思うんです。

楽しめる要素がなくなってしまったら、一度ストップしてみるのも一つの手だと思います。


ギターを弾く事ってのは何も義務ではないですから


でも、ギターはしまわずにいつでも手を伸ばせる所に置いておく。
そうすると大体の人はまたギターを弾きたくなる衝動にかられるんですよ(僕調べですが。笑)

そうしたら、また再開すればいいと思うんです。


 ね ? ? ぬ る い で し ょ ?


でもギターを自分の中でそんくらいのポジションに置いておくくらいが、趣味として考えるのなら丁度いいのだと思います。(そもそも趣味って楽しいからやる物なんですから)

逆にプロを目指すのであれば、もちろんそんな事はいってられません!練習あるのみです!!笑



これは一つの提案なんですが、自分の中で、ギターをどのポジションにおくのか、一度考えてみてはいかがでしょうか??
ギターとの付き合い方を自分の中である程度でも定めておく事が、より長く、そしてより良いギターライフを送る上での秘訣だと、僕はそう思います。


 

(2007年4月23日(月) 2:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

ギタースクール・アンジー
田中雄志 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・初台・都立大学・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ