全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ギタースクール・アンジー スクールブログ …それはつまり...

…それはつまり表現者になるという事

講師のtanakaです。

今日はギターを弾く時に、これをやるとオススメですってのを紹介したいと思います。

まぁ、前にもブログで書いた様にメトロノームを使うってのは大前提として、それにプラスアルファで

歌いながらギターを弾く

という事です。
これは別に「弾き語り」をしなさいって意味ではありません。
例えば、
運指練習をする時に、Cメジャースケールで運指練習をするとします。

その時に…

「ドレミファソラシド〜♪」と弾くと同時に歌うという事です。

これを実践する事で指板の把握が早く出来るようになりますし、今弾いてる音がルートに対してどんな関係なのかってのが音と視覚で認識できるようになります。

歌いながら弾くメリットはこれだけじゃありません

最大のメリットは、歌いながら弾く事で、表現力豊かな演奏が出来るようになると言う事です。

例えばカラオケで歌う時に、最初から最後までずーっと同じ音量で歌う人ってまずいないですよね?
気持ちが入れば入る程、強弱を付けたり、タメをつくったりして自分なりに表現して歌うと思います。

ギターの場合も、フレーズを弾く際、そのフレーズを歌いながら弾いてやると、強弱を意識して付けれる様になり、最終的にはギターに歌わせる事が出来るというワケです。


ギターを弾く側になると言う事は、表現者になると言う事を頭にいれましょう!!


上手いギタリストというのはフレーズを歌わせる事が出来るギタリストだと、僕はそう思います。

 

(2007年4月11日(水) 17:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

某大会最優秀ギタリスト!ポップからフュージョンまでOK

ギタースクール・アンジー
田中雄志 (エレキギター)

渋谷・代々木・新宿・初台・都立大学・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ