全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター神奈川 藤沢善行ギター教室 スクールブログ ギターを初める...

ギターを初めるにあたって必要な物 その1

「エレキギターをやってみよう!」と決心した高1の夏、
必死に貯めていた5万円をにぎりしめた、ギターに関して完全に無知な田苗少年は、
楽器屋さんに行って愕然とした過去があります。

友達が持っていたパンフレットに載っていた、
48000円のかっこいい青のギターを買おうと思っていたのに、
その楽器屋のヒゲの店員さんはこう言いました。

「ん?君、アンプは持ってんのかい?」
「…へ?」

それから15分ほど、その店員さんに教わりました。
(そのときの対応に感銘を受けた僕は、その人をヒゲダンディーと呼ぶことにしました。…ヒゲ紳士だったかな。)

どうもエレキギターにはあの箱が必要らしい、と。
テレビ番組でミュージシャンの後ろに落ちてるやつですね。

まさかそんなものが必要とは夢にも思っていなかった僕は慌てふためき、

「ダンディー!…それいくらするの!?」
(まだ今日知り合った仲、ヒゲをつけるのは失礼だと思っていた)
「んー、最初は安いやつより少しいいアンプ買うのを勧めるよ。二万くらいかなー」
「…んなっにぃー!!?」

予算の4割…、
しかし結局僕は、授業中に見ていたパンフレットを泣く泣く投げ捨て、ヒゲダンディーに言われるがまま、
二万円のギター、二万円のアンプ、残りの一万円でチューナーやシールド他(これらについてはまたブログで説明しますね。)を買いました。

しかしこれ、本当にいい買い物をしたと今でも思っています。

なぜかというと…

その2に続く


 

(2010年10月20日(水) 2:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

シャイな方も安心!講師歴7年のベテランコーチがあなたを音楽好きに!

ブログ記事 ページ先頭へ