全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター東京 ビタミン・ギタースクール スクールブログ ガットギターを...

ガットギターを買っちゃいました。

ここ最近は借り物のガットギターが弾き辛くて自分のモノが欲しいな~と、ネットで探したり、店に行って試奏したりしていました。

制作中の新曲に使ってみたかったのと、探している時間が無駄(調べることに取り憑かれる癖があるんです)に思えてきたので

だったら、早いトコ買ってしまおう!

というこじつけ?的な動機で買ってしまいました!!

Antonio Sanchez  の3450 っていうモデルです。
おそらく2003年製かな?
写真じゃわからないですが、ジョイント部分に大きな亀裂が入っているため、格安になってました。

「え、亀裂入っててだいじょぶ??」

みたいな感じだったんですが、
試奏したところ問題なく、もし仮に問題だったとしても腕の良いリペアさんに出せば治してもらえるだろうし、ついでに弦高も低くしてもらおうと考えているのでOK、購入!!

と至った訳です。
(以前に折れたレスポールを完璧に修復してくれたシャーウッドの太田さんの所に久々に持って行ってみようかな~!)

今回の購入のポイントは

1.クラシック、フラメンコギタリストではないので、「押さえのギター」として必要=コストがかからない。
2.利便性が良い=エレガット
3.使いやすい音質=ポップスで使える音抜けが良い、あくまでもきちんとガットギターとしての音が鳴る。
4.演奏性=ネック幅が46mmから50mm程度、できればポジションマークがついていてカッタウェイが入っている方が良い。

んで
上記の条件を満たしているギターってかなり限られてくるんですよね。

その中で試してみたギターは

cuencaのギター passion、 Madurez
Crews maniac soundのEG-1500、MEMORY OF SONOMA CLASSICAL
k.yairiのCE-3
Aria、godinなど
他に生粋のクラシックギターのJose Ramirez、辻渡、河野賢など


この中で一番ヒットしたのはyairiのCE-3でした。
純粋なクラシックギターとしてでなく、スチール弦のアコースティックギターと違和感無く使える感じでポップスで使うにはイイ感じ。
ただ音的にもう少しガットギターっぽくても良いかなと思っていたところ、、、


このアントニオサンチェスがあった訳です!

音が表から鳴っている感じで明るくパーカッシブ!
ネックは少し細めの52mm程度。
ピエゾと内部マイクのバランスも調整できるのでハウリング対策にもなるし、カッタウェイが入っていて弾きやすい。


見た目的には致命的な亀裂が入っていたんですが、目をつぶって考えてみて決めました!


早速、新しいデモ制作で使用していますが、音色の選択肢が広がりイイ感じ!


何より純粋に新しい楽器が手元にあるとテンション上がりますね!




ガットギターを買っちゃいました。

(2010年10月17日(日) 18:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バークリーの奨学金もパスした実力派!レコーディングにも精通

ビタミン・ギタースクール
三田村和義 (エレキギター)

恵比寿・渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・市ケ谷・初台・明大前・下高井戸・上北沢・調布・下...

ブログ記事 ページ先頭へ