サイタ音楽教室ギター教室エレキギター東京 井上ギター教室 スクールブログ 音程の謎???

音程の謎???

今日は周波数についてお話します。
チューニングの時に使う音叉ってご存知ですか?
よく楽器屋の店員さんが使うU字型で、たたくと「キーン」と鳴るあれです。
あの音叉を良く見ると、「A=440」って書いてあるのですが。
あの意味ってわかります?
「キーン」というピッチ(音程)がAの音、つまり5弦開放の「ラ」なのです。
じゃあ「440」は?ってなりますよね。
これは、「440Hz(ヘルツと読みます)」という実は周波数の事だったのです。
簡単に説明すると、空気中で一秒間に440回振動しているのです。

ここで勘の鋭い方はおわかりになるかもしれませんが
倍の880回だと、1オクターブ高い「ラ」。
半分の220回だと、1オクターブ低い「ラ」になる訳ですね。

つまり、空気中の振動する回数で音程の高い低いが決まるのです。

これは、エフェクターの中での「グラフィックイコライザー」に適用されています。
お持ちの方は、この「dB(デシベルと読みます)」は何って思っているかと。
これは、その周波数の音量の大きい小さいをあらわしています。

特定の周波数をブーストしたりカットして音色を補正するエフェクターなのです。

使い方次第ではいろいろと役に立つので是非試してみてくださいね。

 

(2010年9月15日(水) 23:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック・フュージョンから音楽療法・機材のことまで、幅広い知識がウリ

目的・種類別にエレキギター教室・レッスンを探す

新着記事

皆さんは練習を楽しいと思いますか? 誰しも練習=辛いもの。 と感じてしまいます。 じゃあ練習、特に家ですることとは一体どういう事なんでしょう。 私が考える練習とは自己表現するための技術を磨くことだと思います。 つまり、ギターを弾く上での理想は パッと頭に浮かんだもの、率...

いつもリズムについてのレッスンでの導入編として「リズムの細分化」を薦めています。 「4・8・16・3連」・・・つまり一つのクリック音に対して 4分、8分、16分、3連符に置き換えて弾きます。 これができるようになるとだいぶ基本的なリズム感がついてきます。 さらに言うと 「...

ギターという楽器は右手と左手の組み合わせが上手くいって音が出る楽器です。 なので当然良い音を出すのには難しいことです。 逆を言えば、鍵盤等の楽器に比べて 音の良し悪しで勝負できる楽器とも言えます。 結構左手ばかりに注目しがちですが 音の良し悪しを決めるのはずばり右手です。...

みなさんいつもストラップをつけて練習していますか? 今日はストラップの大切さについてお話します。 まずストラップを使用しないデメリットは ギターを構えた時にギター自体が安定しない事です。 安定しないからギターを支えようと無駄な力がはいってしまいます。 これでは理想的なフォームどこ...

今日は周波数についてお話します。 チューニングの時に使う音叉ってご存知ですか? よく楽器屋の店員さんが使うU字型で、たたくと「キーン」と鳴るあれです。 あの音叉を良く見ると、「A=440」って書いてあるのですが。 あの意味ってわかります? 「キーン」というピッチ(音程)がAの音、つま...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ