全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター北海道 エレキギタースクール・RK スクールブログ 猛暑…(それで...

猛暑…(それでも僕は曲を作るのです)

全国的に猛暑!!
札幌は昨日、夜中に雨も降り雷落ちまくりメチャクチャな天気ですね~

そんな中ギター弾いてるとギターが当たっている腹と右手の肘の内側(って言えばいいのかな?)からとめどなく汗が…

最近ストラトを家でよく弾いているのですが
「あぁ…こうやってギターの塗装ってハゲてヴィンテージっぽくなっていくんだな~」
と1人思っています。


で、僕は今自分のバンドの作曲中なので今回は「僕の作曲方法インスト編」をご紹介しようかと思います。

まずパターンその1

?ドラムの基本リズムを決める(4・8・16ビート、ハネるかどうか)
?基本リズムに合わせてコード進行を作る
?全体のアレンジやキメを作る
?メロディーを作る
?コードのリハーモナイズや最終微調整

パターンその2
?がトップに来るだけであとは一緒

パターンその3
リズムマシンの気に入ったリズムに合わせて鼻歌でメロディーを歌いギターで再現(再現中によく変化していい感じになる場合あり!)


この過程の中で「コード進行が上手く作れない」「いつも似たようなコードになってしまう」「アレンジが苦手」など色々と悩みは尽きない話しですが文章で説明してしまうと話しが止まらなくなって…

って事なのでこの続きを聞きたい方はレッスンで!!

曲の作り方は人それぞれなので1曲でもいいから諦めずに作ってみましょう!

『作曲にルールは無い』
コピーのいいですがオリジナルを作って演奏してみるとより音楽が楽しくなるかも♪

 

(2010年8月9日(月) 0:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

座右の銘は“ブルースを制する者は音楽を制す"

ブログ記事 ページ先頭へ