全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター北海道 ギター教室 中谷 スクールブログ アコースティッ...

アコースティック

前回はエレキギターのアンサンブルの話しをしましたが、試してみましたか?

アンサンブルは難しかったり、わかりにくいですが奥が深く楽しいものなので、ぜひリズム隊と音で「会話」して下さい!


さて、今日はアコースティックギターでのアンサンブルについてです。

アコースティックギターにも様々なスタイルがありますが、アンサンブルに通ずる、ボーカルとギターの「デュオ」に絞って話します。

二人でアンサンブルとなると、人数が減り簡単に聞こえるかもしれませんが、アコースティックほどシビアな音楽はありません!


まず、リズム隊がいなくなります。

ここでギタリストのストロークがドラム的な役割になりますので、色々なストロークパターンが必要となります。
もちろん良いリズム感も大事ですが、ボーカルさんはかなり自由な方が多いので(笑)ボーカルに合わせる事が大事です!
二人で何回も練習して、お互いのリズム感を理解するしかないです。

またベースの代わりが、5・6弦あたりになります。ベースの動き方は出来る限り滑らかにしたいです。

あとはボーカルの強弱に合わせてアクセントをつける事も大事です。
機会があればチャレンジしてみて下さい!

 

(2010年7月27日(火) 19:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ギターコンテストG1で準優勝!温和な先生の細やかな工夫で楽しく上達

ブログ記事 ページ先頭へ