全国5万人が受講している「サイタ」

エレキギター教室・レッスン

エレキギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室エレキギター北海道 ハートロックギタースクール♪ スクールブログ 歪み

歪み

歪みの問題に遂に触れてしまうことにしました

30年以上色々試してみましたが


出た答えは



結局、



自分の好みです



よし


今日はこれで終了します




( 」´0`)」ウソウソ。

音色を大きく分けると三通りありまして

1、クリーン

2、クランチ

3、オーバードライブ

と分かれていまして、俗にいうこの 3、のことを『歪み』といったりします。


クリーンは文字通り


『クリーン』とした音で、主に、コードカッティング、アルペジオ、ジャズ、ブルース、ロックと以外にも幅広く使える

歪みは、ロック、ハードロック、寄りになるのかな

クランチはその中間と考えたほうが簡単かと思います

この音色三通りを曲によって使い分けるのもよし

一曲の中で使い分けるのもよし

結局自分の好みとなるんだけど(笑)。

やっぱ自分が好きなギタリストの音に常に耳を傾けてアンテナ張ってみるのが大きな入口となるのかな

僕の場合エフェクターを多様するギタリストが流行っていたので、


お金がかかってしょうがなかったです


今はシンプルになったんだけど、

80年代はライヴやる度に、

冷蔵庫かよ(* ̄O ̄)ノ


って位の大きさの機材をいちいち持ち運んでました。

最近の僕の歪みの作り方…


1、アンプはクランチ

2、歪み系統のエフェクターは歪みを極力控えめにしてアウトプットレベルはほとんど全開にする、
そうすることによって、
クランチのアンプが『過剰入力となり』自らうなりだす

写真はそういった使い方をしたら最高な70年代後半のボスの『OD-1』という名器です!

因みにこのセッティングでクリーンを出す方法は、

アンプがクランチなので、ギター側のボリュームを下げてあげることで今度は
『入力不足』になりクランチからクリーンんになって行くんだけど、

解るかなぁ?(笑)。


今度機会があればそんなセミナーでもやりますか

ザックリし過ぎちゃうね

文字だと

今度、続編も考えておきます(^-^)/

歪み

(2010年7月15日(木) 21:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

全国CDも!ワンコ好きのコーチによる、リラックスした雰囲気のレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ