音楽教室ベース教室エレキベースエレキベースのレンタルについて

エレキベースのレンタルをご希望の方へ

エレキベースをお持ちでない方も大丈夫!エレキベースをレンタルすることもできます。体験レッスンの時間内に、エレキベースの選び方についてもご質問いただければ、丁寧にアドバイスします。

エレキベース
当日、スタジオで借りる
音楽スタジオ

一部の貸し音楽スタジオでは、エレキベースを有料で借りることができます。

料金の目安:
100円~300円 (1時間)

※詳細については、各サービス事業者へお問い合わせください

レンタルサービスを利用する

エレキベースのレンタルサービスもあります。こちらもぜひチェックしてみてください。

※お申し込み後、サービス利用開始までお時間がかかる場合があります。
詳細については、各サービス事業者へお問い合わせください。

講師から借りる

講師が対応していれば、講師から借りることができます。詳しくは、「エレキベースのレンタルができるスクール」をご参照ください。

料金の目安:無料〜500円(1時間)

体験レッスンのときに、エレキベースの購入相談もOK

「どれを買ったらいいの?」「どこで買ったらいいの?」迷ったらぜひ、レッスンでコーチに聞いてください。

エレキベースの選び方のアドバイスや、おすすめのお店の紹介もしてくれますよ。

コーチからのアドバイスも参考にしよう!

ミヤ コーチ

初心者の方は、

「最初にどんな楽器を買えばいいかわからない」

「楽器のほかに何をそろえればいいかわからない」

といった方も多いと思います。

実際、体験レッスンでもそんなご質問をよく頂きます。

そんな方々の為に、ネット通販で3-5万円くらいの予算で考えた場合の、
ベース購入についてのリンク集をご紹介します。



僕が良く使っているサイトは、「サウンドハウス」というサイトです。

ここは、国内のどの楽器屋さんよりも安くて品揃えも豊富で、
在庫のあるものであれば翌日には届くので、
プロミュージシャンもかなりの頻度で利用している業界最大手です。



■サウンドハウス■
http://p.tl/QEAr



-----------------
■01:ベース本体

種類については、幅広いジャンルに対応出来るので、
僕も使っている「ジャズベース」タイプをおすすめします。

その中でもFENDER社のエントリーモデルの「SQUIER」の中で
デザインと予算に合わせて
選べば、間違いないと思います。

http://p.tl/TRm0


もしくは、若干値は張りますが、FENDER社のベースでも間違いはないと思います。

http://p.tl/ARnt


ベース本体はやはり、価格に比例して鳴りや性能も格段に良くなりますが、
初心者の段階でどれがいいのか、自分はどんな音が出したいのか、
という所までは中々想像できないと思うので、個人的にはまずはコレくらいの
価格帯の楽器から始めるのが、ベターだと思います。

もちろん、予算が許すのであれば、より高価な楽器を買う、というチョイスもアリです。

その際は見た目だったり、直感だったり、好きなアーティストが使っているモデルだったり、
とにかくその楽器を「好きになれるか」という所に重点を置くといいと思います。


-----------------
■02:ケース

ベースを持ち歩くには必須のアイテムです。

低価格帯のベースには付属していないこともあるので、
その場合は購入が必要です。

バンドを組まずに家でたしなむだけ、という場合でも
意外とベースを持ち歩く機会は多いので、購入しておいたほうがよいです。

ベースはドラマーをはじめ、他の楽器と一緒に演奏をすると楽しさ100倍なので、
是非購入してどんどん愛機を連れ出してあげて下さい。

http://p.tl/a2Lt


-----------------
■03:ギタースタンド

ケースに入れっぱなしや、壁に立てかけておいて置くのは、
楽器にあまりよくないので、出来ればあったほうがいいと思います。

一番安いのがこれですが、これでまったく問題ないと思います。
色が色々選べるようです。

https://goo.gl/1cebgV


-----------------
■04:ケーブル

音質に直結してくるので、あまり安物は買わないほうがいいです。
この3つがおすすめです。

そして、安物は断線しやすいので結局買いなおしてお金がかかる
という結果に陥りがちです。

長さは5mもあれば、通常のライブ等の目的であれば、長さが足りないことはなく
ちょうどいい長さだと思います。

ちなみに①は僕が利用しているものと、全く同じパーツで作られている市販品です。
  

http://goo.gl/kXegRy


http://p.tl/31Dx


-----------------
■05:ストラップ

ベースを立って弾くには、必須のアイテムです。

ちなみに、座って弾く時にもストラップをした方が
安定して弾きやすかったりします。

これは、デザイン面でかなり好みが影響すると思うので、
この中から予算に合わせて選んでみて下さい。

ちなみに、あまりにも細すぎるやつ(ベルト等より見た目が細そうなやつ)は
長時間立って弾くと、結構肩に食い込んで痛かったりします。

http://p.tl/2NLn


-----------------
■06:チューナー

ベースのボディに挟んで使うクリップタイプや、
ケーブルをつないで使うタイプ等、色々ありますが、
手軽さの観点からクリップタイプをオススメします。

ベースを弾く時は、常にまず最初にチューニングをしないといけません。

この商品が最安ですが、機能的にも実用性十分です。

http://goo.gl/lVZXz7


-----------------
■07:アンプ

CDインプットがついてるエントリーモデルが結構あったので、
以下の商品のどれかを買えば間違いないと思います。

この手のアンプは、ヘッドホン端子にヘッドホンをさすと
スピーカーからは音が出ない仕様になってるので、
夜間の自宅練習にもバッチリだと思います。

音質的には、どのモデルも大差ないと思うので
予算と見た目で決めてみてください。


http://p.tl/Yl3g


http://p.tl/5vSp


http://p.tl/hQOf


ちなみにmp3プレーヤー等との接続に「①③」は

http://p.tl/vpkz

のケーブルが、「②」には

http://p.tl/S7p8

のケーブルが必要です。


-----------------
■08:エフェクター

ベースはギターほどエフェクターは使わないですが、
逆に使うときは、ここぞという場面だったりするので、
一台持っていると重宝します。

http://goo.gl/WAt4lH

色んなエフェクターが入っている、いわゆる「マルチエフェクター」ですが、
この機種は一昔前では考えられなかったくらいのクオリティで、
ベーシストがよく使うエフェクターのシミュレートしたものが
ほぼ網羅されています。

ヘッドフォン端子も搭載されているので、
夜間の練習にもバッチリ。

さらにスマホやmp3プレーヤー等も別途つなげることが出来るので、
曲を流しながら一緒に弾く、等も可能です。

乾電池でも駆動するので、旅先にもベースを持っていって思う存分弾きたい、
という練習熱心な方にもかなり便利な機材です。

ちなみにスマホ等との接続には、

http://goo.gl/vdMAhz

のケーブルが必要です


-----------------
■09:ヘッドフォン

自宅練習がアンプではなくヘッドフォンメインの場合は、
ヘッドフォンにもこだわったほうがいいと思います。

僕も愛用しているのがコレです。

業界標準のヘッドフォンで、アメリカのレコーディングスタジオでは、
必ず置かれている定番機種です。

下の帯域から、上の帯域までクセがなく、
フラットに聞こえるので練習用にはもってこいだと思います。

もしこだわりたい場合は、是非購入を検討してみて下さい。

http://goo.gl/28W2V6


ちなみにアンプにも繋がず、ヘッドフォンもせず、生音で練習するのは
絶対に避けたほうがいいと思います。

エレキベースは、基本的にピックアップで音を拾って、
それをアンプで増幅するのを前提に作られている楽器なので、
生音でやってしまうと、実際出る音色や音量とはかけ離れたものになるので
上達も遅くなるし、オススメしません。


-----------------
■10:ハンディレコーダー

自分の演奏を録音して客観的に聴く、という事は上達への一番の近道です。

この機材があれば、自分の演奏を録音して聴くということが出来るようになります。

会議等を録音する用の一般的なボイスレコーダーでもいいのですが、
音楽を録音するのに最適な帯域やインプットの許容量でない設計になっている事が多いので、
この機材のような音楽用のモノを用意するのがベストです。

また、レッスンを録音することも可能なので、家に帰って復習をする時にも便利です。

http://goo.gl/qdQkow


ちなみにライン録音も出来るので、下記ケーブルがあれば、
「■08:エフェクター」のライン音を録音する事も可能です。

http://goo.gl/vdMAhz


-----------------



上記で必要最小限なモノが、「01~06」の機材となり
比較的安価なものを買って、3万円前後になると思います。

「07~10」までは、自宅での練習環境によって
内容をチョイスする、といういう形がベストです。

どんなのを買えばいいかわからない~!という場合は、
レッスン時に相談に乗らせていただくことも可能なので、
お気軽にご質問、ご連絡下さい!

そして、練習用のアプリを一つ紹介しておきます。


・聞々ハヤえもん
・iOS
http://goo.gl/SPvAAH

・PC
http://goo.gl/i6DJkV

・聞々ハヤえもん(iOS用アプリ)
https://goo.gl/57ZVub
・聞々ハヤえもん(PC用アプリ)
http://goo.gl/TcQnyX
・Audipo(Android用アプリ)
https://goo.gl/vfKpHr


これらのアプリケーションはmp3等のデータを読み込んで、
スピードを遅くしたり、特定の箇所をリピートしたりと、
曲を練習するには、とっても便利です。

iOS用、Android用、PC用等、いろんなOSに対応しているアプリが
それぞれあるようです。

そして、練習にはメトロノームが必須なので、こちらもオススメです。


・Dr.Betotte TC Lite(iOS用アプリ)
https://goo.gl/VckBpT
・メトロノームのビート(Android用アプリ)
https://goo.gl/jB3nnm


こういうアプリを使うと、練習効率が飛躍的に上がります。

練習をする上で練習環境を整えると、練習の効率も上がり
上達が飛躍的に早くなるので、是非使ってみて下さい。


-----------------

以上、機材導入時の参考になれば幸いです!

このアドバイスを書いたコーチ

2014年MVPコーチ!100名超に指導、ウルフルズのメンバーと共演も

Groovyベーススクール
ミヤ (エレキベース)

川崎・横浜・渋谷・武蔵小杉・溝の口・登戸・大井町・経堂・向ヶ丘遊園・生田・都立大学・...

まずはお試しから! 無料体験レッスンお申し込み

エレキベース初心者も安心のレッスン内容!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、
講師が丁寧にアドバイス

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

エレキベースのレンタルについて ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる