サイタ音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ウダベーススクール レッスンノート

ウダベーススクールレッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

弦の交換
弦の交換は、色々とやり方はありますが、先ずは捻れない様に巻く事を考えて交換をしてください。 又次の交換のタイミングでやり方を伝えますね。 あとは新しい課題曲の基本的パターンをやりました。
右手のパターン
今回は人差し指のみでピッキング、ホールド、ゴーストノートをこなして行きます。 パターンが体に染み付いてくれば自然な感じでフレーズは弾けるようになると思うので、ゆっくりからで良いので続けてみて下...
今回の課題曲の仕上げ
全体的にはノリなども出てきて良いと思います。 あとは細かい所の仕上げですね、前回のレッスンで言ってた事を実践していって下さい。
新たなフレーズ
今までと同様にベースのフィル的フレーズをやりました。 3連符が大分体に入ってきてますので、理解が早くなって来ています。 あとは練習量ですね、いつもと同様にしっかりと練習してみて下さい。
新たな3連符でのフレーズ
3連符での新しいフレーズへの挑戦わやっています。 実際は3連符を理解できてます、あとは流れの中でフレーズをはめて行ければ問題無いです。
リズムの感じかた
しっかりと出来てきてます! その感じ方を続けていって下さい。
新しいフレーズ
新しいフレーズへのアプローチをしました。 根本的には3連符が出来てきてるので問題無いのですが、新しいフレーズが増えて来てるのでポジションが複雑になって来るので覚えにくい所も有ると思います。 ...
オリジナル曲へのアプローチ
今回はベースラインの意識と言うより、どうやって曲に溶け込むかの練習をしました、基本となるリズムとのリンクをしっかりと練習していって下さい。
リズムのキープ
前回よりリズムキープが非常に良くなってます。 この感覚を忘れずにしておけば様々なフレーズに取り組む事が出来るので、どんどんフレーズを増やして行きましょう。
オリジナル曲へのアプローチ
様々なベースラインやそれに対する意識、リズム等をレッスンしてきました。 これからはそれをふまえて、自分のオリジナリティを出して行ければ良いと思います。

ウダベーススクールのレッスンノート ・・・計216件

ウダベーススクール ページ先頭へ