音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ウダベーススクール レッスンノート

ウダベーススクールレッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

曲のテンポを体で把握
流れているリズムはしっかりととらえています、なので後はそのリズムを流れてるテンポに合わせれれば様々なフレーズを直ぐに弾けるようになっていきます。 練習の前にしっかりテンポ感を体に入れてから、練...
リズムのキープ力
タイトルにも有るように、リズムのキープ力がかなり出てきました! あとはそこにアーテュキレーション(フレーズの表現力)等が加わって来るとアンサンブルの中でのベースが確率されて行きます。
リズムを感じる
フレーズは弾けてるのであとは、根底にあるリズムをいかにキープし続けるかでフレーズの完成が違ってきます。 三連符のリズムを場面が変わったり、新しいフレーズへ入る時でも崩れずに、意識出来るようにこ...
ミディアムスローの曲
今回もしっかりとフレーズを作られ(コピー込み)てきてました。 フレーズは問題ないと思います、後は今回もレッスンしたように、そのフレーズをその曲にいかに生かせるかを意識できるかです。 リズムの...
新しいフレーズ
基本フレーズにフィルインや新たなフレーズを入れていきました。 それが入るだけでもサウンドが変わって良くなっていきます、次も続けていきましょう。
課題曲の仕上げ
今回の課題曲は、ほぼ仕上がりました! 少し合間を埋めるためのフレーズ等もリズムにはまってきているので、その感じて弾いていって下さい。
新しいベース
新しいベースや楽器の事はについての話しやこれからのレッスン方針等々をしました。
ベースのフィルイン
今回も新しいフレーズに取り組みました、数をこなしていけば沢山のフレーズが弾けるようになります。 最終的には、フレーズの創作まで行ければ良いかなと思います。
体の動き
楽器を演奏する事は体の動きとりんくうタウンしてると思います。 身体でリズムをとりながら演奏をしててあるフレーズの時に体の動きが不自然になれば、恐らくそのフレーズは上手く弾けてない事だと思います...
音価
8分音符の演奏は無限大にありますが、その音符の表記でも音を切るタイミングの違いで曲自体の乗り方とかも変わってきます。 どういう音の長さで演奏するかを決めるのは自分なので、曲に対する理解も高めて...

ウダベーススクールのレッスンノート ・・・計205件

ウダベーススクール ページ先頭へ