音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 ウダベーススクール レッスンノート

ウダベーススクールレッスンノート(11ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

様々な実戦での話し
今回は実戦へ向けての準備などの話しをしました。 準備に関しては人それぞれですが、曲に対しての奏法や練習方法はお話しさせて貰った事が中心です。 又本番がある時に活かせて貰えたらと思います。 ...
新しい奏法
今回からスラップをやりました。 ほぼやったことが無いとの事でしたが、音はしっかり出せていました。 後は1弦から4弦までの音のバランスを良くするのと、ミスタッチを減らす意識を持って練習して下さ...
新しい奏法
これから新しい奏法、スラップをやっていきます! スラップはパーカッション的な要素がありリズムが重要になってきます。 表のタイミングと裏のタイミングをどちらもしっかりとしたタイミングで弾けるよ...
左手のフォームとポジション移動
左手のフォームをしっかり作りそのフォームを固定しながらポジション移動がスムーズに出来るようにして行きましょう。 まず1フレッド単位でしっかりと素早く移動が出来るようにする意識を持ちながらエクサ...
16分音符シンコペーション
ベースのリズムは音符、休符、シンコペーションなどが理解出来ればそれだけで凄く良くなります。 今の課題の部分はバッチリなので、後は左手の体力を上げればもっと余裕を持ってリズムも良くなると思います...
ベースを弾く形
右手、左手共にベースを弾く形になって来ました。 細かい部分に関してはやはり回数というか、やった分だけ体に入って行くと思います。 後は時間があるときにどんどん練習していって下さいね。
左手のフォームの重要さ
ベースは元々単音を出す楽器なのでフォームはそんなに関係無く思われますが、左手のフォームをしっかりする事で、これから左手の運指も変わっていくと思います。 直ぐには難しいかもしれませんが、根気よく...
サンバフィールのベースパターン
サンバフィールのベースパターンや音使いは前回やってた基本パターンと同じ感じでしたね。 ただ多少異なる所や、ゴーストノートが入ったりして、全く同じと言うわけでは無いです。 似てはいるのですが、...
16分音符シンコペーション
今回の課題のポイントは、16分でのシンコペーションなのですが、しっかりと取れていると思います。 特に右手ピッキングは良くなってきてます、後は左手の運指ですよね、それが変わるだけでも完成度がずっ...
イントロ部のフレーズ
基本的にイントロのフレーズは、テンポを気にしなければ弾ける様な難易度です。 テンポが上がると難易度も上がって行くような、フレーズなので左手の運指やフォームなどを気を付けて難易度を上げて行って下...

ウダベーススクールのレッスンノート ・・・計178件

ウダベーススクール ページ先頭へ