サイタ音楽教室ベース教室エレキベース福岡 マブチベーススクール レッスンノート

マブチベーススクールレッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

エレキベースのチューニング方法
通常エレキベースは 4弦:E(ミ) 3弦:A(ラ) 2弦:D(レ) 1弦:G(ソ) でチューニングします。 チューニングする際には必ず音を鳴らしながら作業しましょう。...
複雑な譜割り
現在練習している楽曲はどれも8分音符主体でリズムを刻んでいくスタイルのものですが 、音を長く伸ばしたり休符が入ってきたりするセクションもあり、少し複雑なリズムになると分かりづらく感じてしまうこ...
リズムについて
・リズムの分解と整理 譜面を見てリズムが分かりづらい場合は、より細かい単位の音符に分解して見ていくと分かりやすいと思います。 8分音符いくつぶん音を伸ばせばいいか――といったように分かり...
素早いフレット移動
・素早いフレット移動 離れたフレットへ素早く移動する場合に重要なのは、ゴール地点に正確に指を止める技術になります。 ポイントは目線をしっかりとゴール地点に定めておくことです。 今現...
エレキベースの基礎
・ベースの構え方 エレキベースを構える際、体に対して水平に構えるよりもヘッド(左手側)をやや前方に突き出し、右肘内側とわき腹で挟むようにベース本体をホールドしてあげると安定すると思います。...
指弾きについて
・右手指弾き 力を抜いて軽く伸ばした指を、根元から大きく動かしてピッキングしましょう。 第1第2関節が曲がって指が丸まってしまわないように注意してください。 「1弦を弾いたら2弦に...
ストレッチフレーズ
今回、指を大きく開かないと届かないストレッチフレーズが登場しました。 これまで同様に肘や手首の使い方が非常に重要になってきます。 指を目一杯広げても目的のフレットまで届かないといった場合...
ピック弾きのコツ
・オルタネイトピッキング ダウンピッキングとアップピッキングが交互に繰り返される演奏方法をオルタネイトピッキングと呼びます。 途中に休符が入った場合なども、空振りさせる形で常に一定の上下...
ポジション移動のコツ
4フレットから7フレットへ、といった少し離れたポジションへ移動するフレーズの場合、 指を伸ばして押弦するのではなく、腕を大きく使って手のポジション自体を変えるイメージで演奏しましょう。 ...
押弦のコツ
・左手押弦のコツ まず一番のポイントは指だけで弦を押さえないように注意することです。 指板側だけでなく、裏側から支える親指や手のひら全体への力の係り具合なども意識して練習してみてください...

マブチベーススクールのレッスンノート ・・・計46件

マブチベーススクール ページ先頭へ