サイタ音楽教室ベース教室エレキベース福岡 マブチベーススクール レッスンノート

マブチベーススクールレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ベースラインの構築
・指板の把握 指板上の音名を把握しましょう。 まずはコードのルート音として使用することの多い3,4弦を重点的に練習するとよいと思います。 ・コードトーンの把握 ルート音を...
タイム感を鍛えるメトロノームトレーニング
・ディミニッシュスケールを使用した基礎トレーニングフレーズ 複雑な運指と細かい音符の連続したエクササイズフレーズです。 1フィンガー1フレットの手の形をしっかり保持したまま、指がバタつかない...
右手指弾きのタッチ
「バンドサウンドを支える安定感のあるベース」を演奏するためには正確なリズムキープはもちろんですが、均一な音量で弦を弾くといったことも重要になってきます。 正確なリズムで演奏できていても、1...
エレキベースの基礎動作
・エレキベースの構え方について エレキベースを構える際、体に対して水平に構えるのではなくヘッド(左手側)をやや前方に突き出し、右肘内側とわき腹で挟むようにベース本体をホールドしてあげると安...
2拍3連符
今回は2拍3連という少し聞きなれないリズムが登場しました。 通常3連符というと4分音符ひとつ分の長さを3等分したものを指しますが この2拍3連符は2拍、つまり2分音符ひとつ分の長さを3等...
ピッキングの音量バランス
リズムがしっかり合っていても1音1音の音量にバラつきがあると、はしったりもたったりしているように聞こえてしまうことがあります。 そのため速いフレーズなどでは、正確なリズムで演奏することと同じく...
運指について
エレキベースはチューニングの特性上、 「1弦2フレットと2弦7フレット」や「3弦5フレットと4弦10フレット」といったように 低音側に1弦、高音側に5フレット移動した位置に同じ音程のポジショ...
キレよくスラップベースを演奏するためのポイント
・左手押弦 スラップベースでキレよく太い音を出すためにはミュートが重要になってきます。 そのためミュートしやすいフォームで押弦するように心がけましょう。 フレットに対して平行に指を...
きれいに演奏するためのタッチや演奏フォーム
・左手運指 - 1フレット1フィンガー エレキベースでは1フレット1フィンガーと呼ばれる演奏スタイルがよく使われます。 1フレット1フィンガーとは1フレットに人差し指、2フレットに中指、...
スラップベースの基本動作
・スラップベース演奏時の右手の基本動作 スラップは親指で弦を叩くサムピングと人差し指で弦を引っ張りあげるプルという動作で構成されます。 ・サムピングのこつ サムピングで4弦...

マブチベーススクールのレッスンノート ・・・計47件

マブチベーススクール ページ先頭へ