音楽教室ベース教室エレキベース愛知 ロックンロール・ベーススクール レッスンノート

ロックンロール・ベーススクールレッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

シャッフル・ビート三連符を歌い...
シャッフル・ビート 三連符を歌いながら弾く。 リズムに言葉を当てはめる。 常にリズムの裏を感じて、体全体で乗る。
5弦ベースに慣れる。右手の親指...
5弦ベースに慣れる。 右手の親指でのミュートが少し独特になるので、癖になるまで繰り返し練習して下さい。 自分が弾きたい弦を指板を見なくても弾けるように自分のベースに慣れましょう。 ...
シンコペーションのパターン5種類(...
シンコペーションのパターン5種類(a〜e)。 三連符の基礎。
音符と休符の種類付点音符とシン...
音符と休符の種類 付点音符とシンコペーション シンコペーションのパターン(休符とのコンビネーション)
4分,8分,16分,3連符を弾く...
4分,8分,16分,3連符を弾く BPM=60 4小節ごとに順にリズムを変えていく。 パターンの変わり目でリズムがよれないように注意。 16分や3連符では特に自分が今どちらの指で弾いてい...
リズム譜のリーディング4分、8...
リズム譜のリーディング 4分、8分、三連符を読む。 常に遅めのテンポで練習する(今回はBPM=60) 休符とはその符の音価分の無音状態を表現する音符。 三連符を弾く場合、ピッキングす...
C メジャースケールBPM=6...
C メジャースケール BPM=60で4分・8分・16分を弾く。 カウントからリズムにしっかり乗って弾き始める。 フレーズを歌いながら弾く。 右手・左手への意識を半々くらいで弾く。 足は...
多弦ベースでの右手のフォーム①...
多弦ベースでの右手のフォーム ①親指を寝かせてより多くの弦をミュートする 左手のフォーム ①各指に対して1フレットづつを割り当てる ②指は各関節を曲げて指板に対して立てるように押さえ...
週末のライブに向けて曲の確認とピッ...
週末のライブに向けて曲の確認とピックでの奏法の注意点とフォームの確認。 a.背筋を伸ばす。 b.ピックは人差し指と親指で摘むように持つ。 c.手首は「へ」の字に曲げて手だけで弾かずに肘...
ピッキングの基礎とヴァリエーション...
ピッキングの基礎とヴァリエーション グルーヴについて

ロックンロール・ベーススクールのレッスンノート ・・・計64件

ロックンロール・ベーススクール ページ先頭へ