サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 東京 利哉のエレキベーススクール レッスンノート 少ない音数で最大限のグルーヴ

少ない音数で最大限のグルーヴ

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は早速課題曲に取りかかり、
いよいよレッスンが本格的にスタート!
ポール・マッカートニーのベースライン、独特ですよね。
音数がとても多いわけでもなく、
かといって単調でもなく…
彼はシンガーであり、ベーシストであり、
ギターも弾くしもちろん曲も作るし…と、
あげたらキリがないほどマルチプレイヤーでありながら、
そのどれもが彼にしか出せないものを持ってます。
マルチプレイヤーゆえのベースラインとも言えるでしょう。
意味のない音は一切弾かず、
曲を活かし、ボーカルを押すメロディックな
ベースライン。
偉大なベースプレイヤーである事を改めて感じました♪
その分、シンプルでありながら音の長さや、タッチはとてもシビア。
16分音符ひとつ違うだけでもあれ?となってしまうほどポールのベースは完成してます!
曲の導入部分が始まったので、
次回はリズムを感じながら弾いてましょう♪
このレッスンノートを書いたコーチ

楽器選び~音楽理論まで、一段上のテクニック習得でスキルアップをお約束!

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

初めてアンプを使って音を出した時、 謎のノブ、謎のフェーダー、 そもそもスタジオにいっぱいアンプあるけど、 どれがベースアンプなんだろう? 色々迷われると思います。 もちろんそれぞれのパラメーターについて口頭でお教えすることもできますが、 言われても??って感じですよね。 やっぱ...

たかがチューニング、と思わずやればそこにもノウハウはあります。 一度やれば、安心!ではなくこまめにチューニングは必要になってきます! 楽曲の心地よさも当然変わります! テクニックより知識よりもある意味シビアなところといえますね。 本日はまずは正しいチューニング方法と、楽器の各部の扱い方...

本日は早速課題曲に取りかかり、 いよいよレッスンが本格的にスタート! ポール・マッカートニーのベースライン、独特ですよね。 音数がとても多いわけでもなく、 かといって単調でもなく… 彼はシンガーであり、ベーシストであり、 ギターも弾くしもちろん曲も作るし…と、 あげたらキリがない...

バンド等は久しく組んでいないと伺っておりましたが、 フィンガリングや、フォームがカチッと決まっていたので、出音がしっかりしてましたね! ギタリストとしての経験もピッキングフォームの良さに繋がっていると思います! 60'sのムーディで、メロディックなベースラインを弾きこなしちゃいましょう♪...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta