サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 神奈川 ベース教室・哲也の部屋 レッスンノート 今回触れた右手のタッチやフォーム、...

今回触れた右手のタッチやフォーム、...

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回触れた右手のタッチやフォーム、段々角度が寝てきてしまうので、手首から指先のラインを立ててやれる様に癖をつけていきましょう。とにかく最初は出来るだけ沢山ベースに触れて慣れる事が重要です。時間がある時はなるべくベースに触るようにすると良いと思います。

けいおんの曲、早速イントロまでは読譜出来ましたね。素晴らしいデス!あのフレーズをあの早さで弾けなくても、まずはシッカリと弾けるテンポで練習して徐々にテンポをあげていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

メジャーバンドでベースと作曲を担当。普段の練習法から、なんでも相談OK

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

クリックを裏にとって、裏のタイミングで足を踏んで、ドレミファソラシドを表と裏でそれぞれ弾くことでかなり鍛錬されるかと思います。 引き続き続けていきましょう!

リズムを裏で取るトレーニング、これはやればやるほど良くなるので、ジックリとやって行きましょう!

今日の体験レッスンお疲れ様でした。 ドレミファソラシドの運指の感じ、あのフォームがポイントなので、家でもやってみて下さいね。 そして右手のタッチは爪に当たらないように第一関節は固定して振り抜きましょう。 繰り返しやっていくことで慣れてくると思いますので継続してみて下さいね。

5弦を含むフレーズを弾くにあたり、低音が出過ぎてしまう感じになりがちなので、5弦はアタック感も少し控えめにするとバランスがとれていくと思います。 今後、練習する際はバランス感を感じつつ、均等に各弦が鳴るように練習してみて下さい。

5弦のサムピングと3弦のプルのフレーズは弾くのが大変かと思いますが、意外とチカラは入れなくてもタイミングを鋭くいけば大丈夫かと思います。 今後練習していく際はクリックを裏でならしつつ、小気味良いグルーヴで低音感をうねらせてみて下さい。

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta