サイタ音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 あなたをひきだすエレキベース教室 スクールブログ ツーファイブ進...

ツーファイブ進行<ペンタトニックスケール適用方法♪)

今日は、スケール(音階)を使った練習、適用、またレッスンでの進め方を書いてみたいと思います。

例にあげるのは、ツーファイブ進行と言われるコード進行です。

<Dm7-G7-C-C>

という流れで、Cがこの進行(曲?)のキー(調)になります。
日本語で言う所のハ長調ですね。

Dm7は、ハ長調の中で二番目のコード
G7は、五番目のコード
Cは、一番目です。

と、書いてみたものの、、、特に今、覚える必要もありません(汗)

さて、、、世の中にはいわゆる絶対音感を持っていたり、、、はたまた相対音感に優れた方もおられます。

そうした場合は、ツーファイブフレーズ集的な物から暗記していくのも一つの方法になりますが、、、

私もそうなんですが、音感、リズム感とも決してある方ではありません。

だからフレーズ集を覚えるというのは、とても大変な作業で実用にまで至りません。

そこで、「スケールを適用」するという事になります。

今までもこのブログ、レッスンノートにも書いてきていますが、、、

まずGミクソリディアンスケールというのを基本にしていきます。

ソラシドレミファ(ソ)という音階です。


はい、これだけですと今まで書いてきた内容と同じなんですが、、

ーーーー<各ポジションは、文末に記載>

今日は、、、

Dm7の所において使うスケールを、、、

Amペンタトニックスケールに


そしてG7は、

Emペンタトニック。

Cの所は、お休み、またはミかソの音を延ばしておいて小節を数える練習。


ーーーーーーーーーー



こうする事でアボイドノート(コード機能的に強調出来ない音)も避けられ、ペンタトニックという同じ形の運指を適用出来ます。


ツーファイブでのアドリブ、そして相対音感の付け方としてお勧め出来るやり方です。


とりわけロック系のみで練習されている方であれば、ペンタトニックスケールは必須でされていると思われますので、、、
ジャジーなフレージングの第一歩として是非。。




レッスンでは、こうした適用方法をよりシンプルに説明して取り組んで行きます。

同じスケール、コードばかりですと飽きてきますのでいくつかこうしたスケール適用で幅を広げ(つまみぐいして?)

音の感覚をつかむレッスンを重ねます。

そうですね、2.3ヶ月繰り返した後、、、ブルースならブルース、ジャズスタンダードならジャズ、、、
ワンコードならワンコード、、、などを的を絞って、、、、

やがてはモードジャズ系にも挑戦していく感じになります。

メロディやアドリブをやって行く事で音に対する感性も育まれますし、リズム感にも影響してくると思います。

そこにベーシスト必須とも言える裏打ちメトロノーム練習ですね。


はい、今日はここまでに致します。

気になりましたら是非、体験レッスンへお進み下さい。

ベースを持つのははじめて、またこれから音楽をはじめて見たい!

なんて言う場合でもかなり上達が早くなる方法だと思います♪

------------
音程が高い方のポジションになります

Amペンタトニックポジション

3弦12.15
2弦12.14
1弦12.14


Emペンタトニックポジション

4弦12.15
3弦12.14
2弦12.14

Cの時、2弦14(ミ).1弦12(ソ)

--------------

 

(2019年4月20日(土) 14:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・大手楽器店の講師!経験豊富だからできるアナタの個性を生かした指導

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

元号も新しくなり、GWも終わり、、、ちょっとまだ時間の感覚がマヒしているここ数日です。 先ほど、YOUTUBEで色々な音楽動画を見ていました。 とりわけ海外の方のセッション動画を。 なんというかとても楽しそうに演奏しているので、、自分はちょっとハっとさせられましたね。 年を重ね...

週末から10連休という事らしいですね。 その影響か分かりませんが、今日のレッスン会場近く、ショッピングモール駐車場が大渋滞しておりました。 もう10年以上利用しているスタジオですが、こんな渋滞は見た事ありませんでしたね。 もしかしたら平成、令和セールでもやっていたのかな、、、 ...

今日は、スケール(音階)を使った練習、適用、またレッスンでの進め方を書いてみたいと思います。 例にあげるのは、ツーファイブ進行と言われるコード進行です。 <Dm7-G7-C-C> という流れで、Cがこの進行(曲?)のキー(調)になります。 日本語で言う所のハ長調ですね。 ...

しばらくお休みを頂いていましたが、4月からレッスンを再開致します。 都合によりレッスン会場を減らす事になり申し訳ないのですが、体験レッスン、通常レッスン共に皆様のお申し込みをお待ちしております。 実は、2月中旬から3月初旬まで入院しておりました。 そのまま生活習慣も見直しが出来て...

都合によりしばらくお休みを頂いておりましたが、2019年、4月よりレッスンを再開致します。 今後ともよろしくお願い致します。 今日のブログは、スケールを使った<左手を開かせる>練習方法です。 運指練習なんかは、どんな形でも練習にはなりますが、音程も覚えながら出来て、、、先々の...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ