サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 shota abeエレキベース教室 スクールブログ ベースの……魅...

ベースの……魅力? 第1弾 一指一音で簡単入門

こんにちは、ベースコーチの阿部です!!ベンベン

今回からベースを始める皆さんへ、ベースや音楽について色々とお話していければと思います。
定期的な更新頑張ります〜(笑)

第1回はタイトル通り<ベースの魅力>について簡単にお話していきたいと思いまーす!(簡単に話せるかなぁ)
これからベースを始める皆さんの「ベースって楽しいの?」「難しそう…」などの悩みを払拭出来ればいいなぁ〜と思います(笑)

まず、僕が思う<ベースの魅力>を箇条書きにしてみました!\_(・ω・`)ココ重要!
1.一指一音で簡単入門!
2.パワフルな重低音!
3.多彩な奏法
4.バンドを支えるポジション

まだまだありますが、挙げたらキリがないので思いつく中で主な魅力が上記です。

それでは今回から1つずつ、全4回に渡りお話していきましょうー!
(簡単にしても長くなると思ったので諦めて分割します…←早ッ!)

1.一指一音で簡単演奏
ベースという楽器は基本的に右手の指やピックを使い弦を弾き、左手で単音(1つの音)を弾いています。
「ドレミファソラシド」の中で「ド」を弾いてと楽譜に指示があったら「ド」(単音)だけ弾きます。
これだけ頭に入れて、他の楽器達と難易度を比べてみましょう。

例えばバンドの中でベース以外で主だった楽器と言われ名前が上がるのが、ギター、ドラム、ピアノ(キーボード)だと思います。
🥁まずベースの良き相棒のドラムは、両手足をバラバラに動かしてリズムを刻みます。(考えただけで難しそうですよね)あとは自宅で練習となると広い部屋と音が大きいのでご近所さんへの配慮が超重要っていうのが難点ですよね…。🥁

次にバンドの花形でベースの永遠のライバルのギター(僕が勝手に思ってる)は曲の中でメロディやコード(和音)と呼ばれる物を演奏します。※和音(単音を決まった条件で重ねた音。複数の音。)
このコード(和音)というのが厄介で、先程話した譜面で「ドレミファソラシド」の「ド」を弾け!と指示があった場合、ベースが「ド」と弾くところをギターはコード(和音)で「ド、ミ、ソ」と左手で抑え、同時に又は分散して演奏する事が必要になります。それにコードのパターンや種類も多く覚えるのがすっごく大変です。これを理由にベースを始めたって人も多いのではないでしょうか。ちなみに僕が典型的なこのタイプです (笑)同時期にベースの魅力には気付いていたのですが、まぁ人生初の挫折でした(笑)あと単純にギターはベースより2本弦が多いので大変です((爆))

最後にピアノですが、「楽器の祖」と言われ幼稚園~高校まで恐らく必ず置いてありピアニカを含め、皆さん1度は触れた事がある馴染みの楽器ではないでしょうか?なのに上手に弾ける人ってあまり出会わないですよね。ピアノ=英才教育だからなのかなって思ってます。
ピアノもギターと同じくメロディとコードを弾きますが、ギターよりも圧倒的に弾くのが難しいです。何が難しいって説明も難しいですが←え? 単純に出せる音域(音の低い~高いの範囲)がギターやベースより広いんです。という事は単純に仕事量が増えるんですね〜ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ更にデジタル化が進みいろんな機能が増え、たくさんの音色を出す事が出来るようになって正に楽器の王様って感じですが、使いこなすとなると頭が痛くなりそうですね(笑)
僕が産まれるちょっと前に「もしもピアノが弾けたなら」という曲がヒットしましたが、僕には難しかったです…ピアニスト、キーボーディストが神様に見えて仕方ありません(笑)

楽器それぞれに魅力があり比べると悪口に聞こえるようで比べたくはないですが…。
どうでしょうか?なんとな〜く他の楽器よりも「簡単そう」「初めてみようかな」と思っていただけましたでしょうか?

簡単におさらいしますと
【ベースは右手の指やピックを使い弦を弾き、左手で基本は単音(1つの音)を弾く】\_(・ω・`)ココ重要!
です!

それでは今回は<ベースの…魅力 ? 第1弾 一指一音で簡単入門>でした!
次回は<ベースの…魅力? 第2弾 パワフルな重低音>です!

 

(2019年2月3日(日) 6:07)

前の記事

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは、ベースコーチの阿部です!!ベンベン 今回からベースを始める皆さんへ、ベースや音楽について色々とお話していければと思います。 定期的な更新頑張ります〜(笑) 第1回はタイトル通り<ベースの魅力>について簡単にお話していきたいと思いまーす!(簡単に話せるかなぁ) これ...

こんにちは、ベースコーチの阿部です!ベンベン!←注)これはギターです…笑 ブログ1発目です! これからベースの事や音楽のあれやこれや、これからベースを始める人達の役に立つ事をつらつらと書いていければと思います〜。それからレッスンの内容、レッスン中に皆さんから頂いた質問 やレッスンで...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ