サイタ音楽教室ベース教室エレキベース大阪 前田のベース教室 スクールブログ リハーサルです...

リハーサルですべきこと

お世話になります。
前田です。



ライブしてますか?

僕はしています。

週2か週3くらいでしてます。



まぁそれは置いておいて、やはり楽器を練習するからにはお披露目をしないことには寂しいですよね。

そこで今日はライブにまつわるお話。



ライブをするとなると、小さなライブハウスでもドームツアーをするようなプロでも必ずリハーサルをします。

残念ながら僕はドームツアーはしたことがないので、ライブハウスでのリハーサルについて考えてみましょう。



通常、ライブハウスでは数組のバンドが演奏しますが、ライブハウスがオープンしてお客さんが入ってくるまでにリハーサルの時間は設けられます。

大体20~30分くらいで、本番と同じように楽器をセッティングして演奏します。



しかし長くやっているバンドでも、リハーサルの流れが悪いと当然本番でも良い音は出ません。

限られた短い時間で何をやるべきかというのを分かっていなければリハーサルの意味がなくなってしまいます。

まずはリハーサルの目的を理解しましょう。



①PA(音響スタッフ)さんが出音をチェック

まずセッティングが出来たらPAさんが「じゃあお一人ずつ音もらいま~す」と言ってくれます。

ドラムはたくさん太鼓があるので、それも一個ずつ鳴らしていきます。

こうして、音が大きすぎないか、小さすぎないかをチェックしていってもらうのです。

ベースやギターもアンプの設定が大きすぎたり小さすぎたりするとPAさんが教えてくれる場合もありますが、基本的にはPAさんはそこまで口出ししません。

しかし音が大きすぎるかどうかというのは自分が弾いてる楽器の目の前にいるとわからないことが多いので、あとで全体での演奏をするときにチェックしましょう。

ベーシストの僕の基準としては、ドラムのシンバルと同じくらいの音量にいつも合わせています。



②実際に演奏しながらモニターチェック

モニターとは、ステージの足元にある演奏者用のスピーカーです。

例えばドラマーはギターやベースのアンプの死角にいることが多いのであんまり聞こえませんよね。

なので例えばギターのフレーズから入る曲があったとしても聞こえていなければドラマーも曲に入りようがありません。

いろんなPAさんがいるので、最初から全部の音を少しずつ返してくれてるPAさんや、最初は一切何も返さずに「さぁ!注文を受け付けるよ!」というPAさんもいます。

「すいません!ドラムのところにギターを返しておいてください!」

と元気よく言いましょう。



③全体のバランスをチェック

実際に客席から聞いてみるのが一番いいのですが、自分も演奏していないといけないのでよっぽど長いシールドを持っていなければステージを降りるのも難しいですね。

場合によってはとてつもなくステージが高いところとかもあるので、そんな時はPAさんに正直に聞いてみましょう。

「今ギターとベースどちらが大きいですか?」
「ギターの方が圧倒的に大きいですねぇ」

とちゃんと答えてくれます。

あとは自分のアンプで下げるのか、PAさんに客席用のスピーカーのギターの音をさげてもらうのかを微調整していきます。



④リハーサルで練習しない

よくリハーサルで「あそこの入りかたどうする?」というような相談をしているバンドがいますが、そういうことはスタジオでやっておきましょう。

限られたリハーサルの時間ですからね。

こういうのをやっていてタイムテーブルが狂ってしまった日にゃあ他の出演者からも総スカンをくらってしまいます!

あくまでリハーサルはスタッフさんとの打ち合わせです。



⑤照明さんにも要望を伝えておく

PAさんもそうですが、照明さんもあなたのバンドのことを熟知しているわけではありません。

ビジュアル系のバンドなんかはそこまで細かく書くか!?というくらいみっちりと照明への要望が書かれていたりします。

しかし照明さんも曲の感じを見ながらアドリブで合わせているのが通常ですので、照明をしっかりやって欲しいならばライブの1週間前にはライブでやる曲の音源と要望をまとめて提出しておきましょう。

そこまでじゃないけど、何かやっておきたい演出があるのであればリハーサルで簡潔にスタッフさんに伝えておきましょう。



⑥リハーサルで演奏する曲は決めておく

例えばその日のライブでやらない曲でもいいので、自分たちの基準となる曲があればそれをやるのが一番良いです。

あとは、どの曲のどの部分で少しギターの音が大きくなるのでやっておくとか、コーラスが多い曲でモニターの調整をするとか、リハーサルが始まってから考えていると時間がもったいないですからね!



ということで以上、リハーサルについて本気出して考えてみました!

 

(2018年6月25日(月) 16:16)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

お世話になります。 前田です。 よく言う「DTM」とか「宅録」ってなんのこと? っていまさら聞けない雰囲気出てますよね…。 僕も「パソコンで音楽やる人」くらいの漠然とした認識でした。 確かに今はもうDTMでほとんどのことが完結してしまいますし、...

お世話になります。 前田です。 色んな曲を練習していると、必ず「なんじゃこりゃあ!」というフレーズに出会うことが5万回くらいはあると思います。 僕も何回「なんじゃこりゃあ!」と叫んだことでしょうか。 しかし難しいフレーズというのは自分を成長させてくれる最大の...

お世話になります。 前田です。 ライブしてますか? 僕はしています。 週2か週3くらいでしてます。 まぁそれは置いておいて、やはり楽器を練習するからにはお披露目をしないことには寂しいですよね。 そこで今日はライブにまつわるお話。 ラ...

お世話になります。 前田です。 さて、当方ベーシストでございますが、コーラスもやることが多いです。 コーラスは要するにボーカルにハモることですね。 ハモりがあるだけでぐっと楽曲の厚みが出るので僕はポップスやロックにも不可欠だと思っております。 しかしバ...

お世話になります。 前田です。 こちらエレキベース教室でございますが、サイタさんサイドに「アップライトベース」の項目が無かったので便宜上エレキベース教室になっているだけでして、実はアップライトベースに関してもお教えすることは可能です。 中学生のときに初めて触った低音を鳴ら...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ