サイタ音楽教室ベース教室エレキベース大阪 前田のベース教室 スクールブログ アップライトベ...

アップライトベースって難しい?

お世話になります。
前田です。



こちらエレキベース教室でございますが、サイタさんサイドに「アップライトベース」の項目が無かったので便宜上エレキベース教室になっているだけでして、実はアップライトベースに関してもお教えすることは可能です。

中学生のときに初めて触った低音を鳴らす4本弦の楽器と言えばむしろアップライトベースだったので、今の僕のベースプレイにもアップライトベース由来のテクニックというかクセは物凄く影響しています。

ちゃんと吹奏楽部で弾いていたのでアルコ奏法も可能ですが、今僕が使っているエレクトリックアップライトベースではあまりアルコ奏法はしないので、ジャズとかカントリーでアップライトベースを弾きたいというかたがいらっしゃいましたらどうぞいらっしゃいませ!



と、さんざんアップライトだのなんだのと言いましたけども、そもそもアップライトベースとは何か。

別名:コントラバス、ダブルベース、弦バス、

要するに一番大きいバイオリンですね!

オーケストラとかジャズでよく見かける、地面から生えてる縦にズドンと大きいヤツです。



最近ではエレキギターなどの技術を使って軽量化してお値段も安くなって弾いてるかたも多くなってきました。

でもあれって難しそう…というイメージはすごくあると思います。



何より、あの楽器基本的にフレット(ベースやギターの縦線)がないのです。

なので数ミリずれるだけでなんか微妙に音が違う…というようなことは実は簡単に起こってしまうかなりシビアな楽器なんです。

ギターやベースなんかは正しいポジションを押さえれば確実にその音しか出ないので、正直音感なんてなくても弾けてしまうんですが、やっぱりアップライトベースにはある程度の音感は必要になってくるというのも事実です。



じゃあ僕がそこまで音感があるのかと言われたらそうでもありません。

多分ピアノとかバイオリンとかやってる人からしたら全然鼻で笑われる程度だと思います。



そこで、僕は「ミスってもばれない」方法を模索し続けてきたわけです笑



①楽器の見えるところにクリップチューナーを常につけておく

最近はこのクリップチューナーというものがすごく発達してきましたよね!楽器のどこかに挟んでおくだけでチューナーとして動いてくれるのだからスーパー便利です。

チューナーを見てると自分が少し低めを弾いてるとか高めを弾いてるとか言うのがなんとなくわかるので、それに合わせてちょっと高めに弾こう、などと意識的に改善できるのです。

まぁ一回出してしまった音はどうにもなりませんけどね!笑



②とにかくビブラート!

ビブラートとは、弦を押さえてる手をぐにぐに動かして音を揺らす奏法です。

ボーカルでもそういう歌い方ありますよね。

あれをするだけで、なんだか上手く聞こえるし少々音を外しても音が揺れているのでそんなに外れて聞こえないんです。

バイオリンがめちゃめちゃ上手い友達がいるんですが、「音は揺らし過ぎても揺らし過ぎることはない」と英語構文の教科書みたいな口調で言っていたのであながち間違いではないのでしょう。



③リズムだけは正確に!

ジャズなどでよく色んな楽器でソロを回しますよね。

ただソロのときって自ずとアップライトベースの音が目立ってしまうんですが、単体で聞くと「ぽぅい~ん」と結構まぬけな音がします笑

だからエレキベースで弾いてかっこいい音やフレーズを弾いてもあまり通用しなかったりするので、音はどうでもいいからリズムで遊んでいる、と考えた方がかっこいいソロになったりします。



最初はもう握力が必要だし運ぶのもしんどいし、なんか上手く弾けてる実感がない…と思っていましたが、この3点を使ってみるとアップライトベースを弾くのも楽しくなりました。

まぁあくまで最初の付け焼刃的な手段で、中には暴論もありますのであまり鵜呑みにはしない程度にお願いします!笑

 

(2018年6月20日(水) 17:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ベースはもちろん楽曲提供や映像制作などマルチに活躍!初心者も楽しく指導

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

お世話になります。 前田です。 よく言う「DTM」とか「宅録」ってなんのこと? っていまさら聞けない雰囲気出てますよね…。 僕も「パソコンで音楽やる人」くらいの漠然とした認識でした。 確かに今はもうDTMでほとんどのことが完結してしまいますし、...

お世話になります。 前田です。 色んな曲を練習していると、必ず「なんじゃこりゃあ!」というフレーズに出会うことが5万回くらいはあると思います。 僕も何回「なんじゃこりゃあ!」と叫んだことでしょうか。 しかし難しいフレーズというのは自分を成長させてくれる最大の...

お世話になります。 前田です。 ライブしてますか? 僕はしています。 週2か週3くらいでしてます。 まぁそれは置いておいて、やはり楽器を練習するからにはお披露目をしないことには寂しいですよね。 そこで今日はライブにまつわるお話。 ラ...

お世話になります。 前田です。 さて、当方ベーシストでございますが、コーラスもやることが多いです。 コーラスは要するにボーカルにハモることですね。 ハモりがあるだけでぐっと楽曲の厚みが出るので僕はポップスやロックにも不可欠だと思っております。 しかしバ...

お世話になります。 前田です。 こちらエレキベース教室でございますが、サイタさんサイドに「アップライトベース」の項目が無かったので便宜上エレキベース教室になっているだけでして、実はアップライトベースに関してもお教えすることは可能です。 中学生のときに初めて触った低音を鳴ら...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ