サイタ音楽教室ベース教室エレキベース大阪 前田のベース教室 スクールブログ ベースのフレー...

ベースのフレーズってどうやって作る?

お世話になります。
前田です。



ベースのフレーズ作るのって意外と難しいんですよね。

メロディーやテーマとは全然関係ないし、コード進行は守らないとなんか展開がふわっとしちゃいます。

かと言ってずっとルートを押さえてるだけでは「う~ん、いい人なんだけど…それだけかな」と言われますし、あんまりぐちゃぐちゃと動き過ぎると「う~ん、かっこいいんだけど、落ち着きがないっていうか、なんだか弟みたいな感じ?」という印象しか与えられません。



そのあたりの「わびさび」はこれまで聞いてきた音楽・これから触れていく音楽によって培われていくものだと思います。

「頼りがいがあって、やさしくて、賢くて、それでいてユーモアがあって面白い」

こんな理想のベースフレーズを目指してください。



とまぁベーシスト合コンの話は置いといて、実際にベースのフレーズを作るときどうしているか。

僕の場合は「口(くち)」で作ります。

まずは書いた曲と一緒にこんなベースどうだろうか、ともう本当適当に、アドリブで、時には踊りながら鼻歌を歌ってみます。

出来ればマルチトラックで自分の鼻歌を録音してみるのも良いです。最近はiPhoneのGarage Bandでも簡単にマルチトラック録音出来ますよ。

それを後で自分で実際にベースで弾いてみるのです。



そんなので曲にちゃんと当てはまるのか、自分は外した音を歌っているのではないかという心配は当然あると思います。

しかしある程度音楽をやってる人ならわかると思いますが、よっぽど鼻歌が上手い人でなければピッチがずれるのは仕方ないですが、実は狙ってスケールアウトした音を出す方が難しいものです。

なので適当に歌った鼻歌でも実は意外とスケールに乗っ取っていて、実際の楽器の様に完全に違った音を出してしまうこともなく脳内で勝手に正しいスケールに寄せてくれるんです。

一つ一つベースで音を確かめながら「これはスケールに入ってるからOK…あ…これはあかんわ…えーっと…」という風に考えながらやってると時間もかかるし何せ楽しくないんですよね。



この鼻歌アレンジにはもう一つ良い点があります。

ベースって長く続けていると大体自分の手癖で、動きやすいポジションに行ってしまいがちです。

そうなると当然「最初はかっこいいと思ったんだけど、なんだか毎日楽しくなくて…」という底の浅さを悟られるという一番屈辱的なふられ方をしてしまいます。

鼻歌だと、良い意味で自分では思いつかないような突拍子もないフレーズが出てきたりするので、「なんて刺激的…!もっと!もっと!」となるのです。

大丈夫かな、サイタさんに真面目に書けって怒られないかなこのブログ…



例えが悪いだけで内容は大真面目です!

あのマイケル・ジャクソンも作曲の時はすべて口で録音したものをバンドに演奏させるそうですからね。

自己流ですがあながち見当違いでもないと思って長年やっております。

フレーズメイキングの方法は無限にありますがご参考までに!

 

(2018年6月14日(木) 11:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ベースはもちろん楽曲提供や映像制作などマルチに活躍!初心者も楽しく指導

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

お世話になります。 前田です。 よく言う「DTM」とか「宅録」ってなんのこと? っていまさら聞けない雰囲気出てますよね…。 僕も「パソコンで音楽やる人」くらいの漠然とした認識でした。 確かに今はもうDTMでほとんどのことが完結してしまいますし、...

お世話になります。 前田です。 色んな曲を練習していると、必ず「なんじゃこりゃあ!」というフレーズに出会うことが5万回くらいはあると思います。 僕も何回「なんじゃこりゃあ!」と叫んだことでしょうか。 しかし難しいフレーズというのは自分を成長させてくれる最大の...

お世話になります。 前田です。 ライブしてますか? 僕はしています。 週2か週3くらいでしてます。 まぁそれは置いておいて、やはり楽器を練習するからにはお披露目をしないことには寂しいですよね。 そこで今日はライブにまつわるお話。 ラ...

お世話になります。 前田です。 さて、当方ベーシストでございますが、コーラスもやることが多いです。 コーラスは要するにボーカルにハモることですね。 ハモりがあるだけでぐっと楽曲の厚みが出るので僕はポップスやロックにも不可欠だと思っております。 しかしバ...

お世話になります。 前田です。 こちらエレキベース教室でございますが、サイタさんサイドに「アップライトベース」の項目が無かったので便宜上エレキベース教室になっているだけでして、実はアップライトベースに関してもお教えすることは可能です。 中学生のときに初めて触った低音を鳴ら...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ