サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 相生ベース教室 スクールブログ メトロノームの...

メトロノームのリズムの取り方

こんばんは、講師の相生(あいおい)です。

今回はメトロノームのリズムの取り方を紹介していこうと思います。



①まずは基本となる4分音符でメトロノームを鳴らす方法です。
メトロノームに合わせてリズムを取るだけなのですぐにできると思います。


②2つ目はメトロノームを2・4拍目で鳴らす方法です。
足を4分音符で1/2/3/4と取りながら2と4の位置にメトロノームが鳴るようにしましょう!
ドラムのドンタンドドタンというリズムが鳴っていて2・4拍目にタンと鳴っているスネアを意識する感じです。


③3つ目はメトロノームを8分裏で鳴らす方法です。
足を4分音符で取りながら8分裏(8分音符の2・4・6・8個目)にメトロノームが鳴るようにしましょう!
8分裏で取れるとンカ、ンカ、ンカ、ンカと聞こえます。


④4つ目はメトロノームを3連符の3つ目で鳴らす方法です。
足を4分音符で取りながら3連符の3つ目にメトロノームを鳴らすようにしましょう!
3連符の3つ目で取れるとンッカ、ンッカ、ンッカ、ンッカと聞こえます。


⑤5つ目はメトロノームを16分音符の4つ目で鳴らす方法です。
足を4分音符で取りながら16分音符の4つ目にメトロノームが鳴るようにしましょう!
16分音符の4つ目で取れるとツクツカ、ツクツカ、ツクツカ、ツクツカと聞こえます。



③からは難しくなってベースを始めたばかりの人にはなかなかキープするのが難しいです。
まずは1~4小節だけでもキープできるように目指しましょう!
⑤に関しては上級者向けになっているので、できる人は練習してみてはいかがですか?


わからない点や「他にはどんなリズムの取り方があるの?」と気になった方は詳しく解説するので、是非体験レッスンでお会いしましょう!

メトロノームのリズムの取り方

(2018年4月23日(月) 15:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ライブやセッションで活動中!POPSからROCKまで幅広く演奏

ブログ記事 ページ先頭へ