サイタ音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 あなたをひきだすエレキベース教室 スクールブログ 自分の音を受け...

自分の音を受け入れよう!

久しぶりの更新となります。

今日は、ベースの音色について感じた事がありまして書かせていただきます。
どちらかというと、具体的にこういう音色にしたい、、というhowtoの内容ではなく体感的な部分になります。
ーーーー


エレキベースを弾く時、一つの悩みがありました。

それは、自分の出音がどうやっても<太く丸い音に>になってしまうという事でした。

今の今までそこは、ある種のコンプレックスになっております。


いわゆる<細めの音でタイトなベースプレイ>というのをしたい、という欲求があるのです。
なんというかスタイリッシュなサウンド、とでもいいましょうか。


レッスンで生徒さんのベースをお借りして試し弾きをさせてもらう事もあるのですが・・・
生徒さんが弾くとタイトで自分が弾くと丸く輪郭がぼやけた音になります。


ですのでどうしても細い音を出したい時は、爪で弾く様になりました。

おそらく<自分の指、そして体のつくり>などが、細い音に向かないのでしょう。
(骨格が影響していると聞いた事があります)



と・・・・そんな中で先ほど、数年前にレコーディングしたものを何気なくきいたのです。

あれ・・・あれ・・・自分の太いベースの音が、なんかいいんじゃない?!

なんて思えてしまったのです!


とても不思議な事ですが、自分のその太いサウンドが、<骨太でそれでいて存在感のある音>に聞こえてきて・・・


ベースの弾き方、サウンドの作り方、そうしたテクニカルな部分を突き詰めていく事も楽しいですし大切ですが、
自分のプレイスタイルの土台とも言える天性のサウンドを理解するのは、もっと大変、大切な事なのかも・・・

なんて感じました。


ちょっと体験的な記事でしたが、またこちらにも色々と書いていければと思っております。

レッスンの方は、いつでも受け付けておりますので気になりましたらお気軽に体験レッスンにおすすみくださいね。


 

(2017年11月6日(月) 23:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・大手楽器店の講師!経験豊富だからできるアナタの個性を生かした指導

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

いやぁ、、、暑いですね。 今年の夏は長くなるのでしょうか。 今日は、レッスンにも取り入れているスケールの使い方についてです。 過去にも書いた事があるかもしれませんし、レッスンノートにもよく書いていると思いますので気になった方はそちらも是非、お読み下さい。 まずスケールと...

今日は、セッションでよく使われるブルーズ(ブルース、ではなくブルーズが正しい?言い方の様です)進行を取り上げてみます。 レッスンでもやる事が多いですが、ちょうど先日のレッスンで生徒さんが<セッションに行かれる>、という事で掘り下げてみましたので。 ブルーズ進行でのセッションとは...

花粉対策はみなさまされていますでしょうか。 いやぁ、、、ここ数日、自分は発熱するぐらいまで行っておりました。 アレルギーは猫アレルギーも持っているのですけど、、、そちらもひどかった時は、39度ぐらいの熱が出た事あります。 はい、、、今日は、<音の長さをコントロールする練習方法...

レッスン受講者の方から質問が多い奏法に<レイキング>といわれる物があります。 これは、弾く側(右利きなら右)の指の使い方なのですが、、、 1弦から2弦へ移動するフレーズなんかを、、、 人さし指だったら人さし指一本で連続して弾くという奏法です。 このレイキングを使うとフレ...

花粉の時期ですね、自分は薬を飲むほどではないのですが、数年前からそれらしい症状が出てきました。 昨日あたりから、熱もなく体も動くのですが、熱っぽい、、、という状態で過ごしています。 はい、今日は、<音感について>です。 以前、音感の養い方を書いた事があります。 ムービーもア...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ