サイタ音楽教室ベース教室エレキベース愛知 ベーススクール|イエローミュージック スクールブログ 「上手くなりた...

「上手くなりたい」という気持ちで下手になる!?

どうもどうも、講師の河内(コウチ)です。

突然ですが、あなたは「憧れ」がありますか?

本当に突然ですいません^^。
なんで、こんな質問をしたかと言うと、あなたが何か物事を学ぶときに、辿り着きたい「憧れ」があることはとても大切だから!!

知っていました?
「学ぶ」の語源は「真似る」とも同じだということを!!
別に都市伝説の話ではないですよ^^。

それでは、どういうことを私は言いたいのでしょうか??


初心者や中級者の方は、自分がいったいどんなベーシストになりたいのかの「イメージ」を持たずに、ひたすら「上手くなりたい」と思っている方が意外と多く見受けられます。その結果どんなベースを弾けるようになるのかわからずに、ひたすらとべンベンしちゃいます。

いや、これでも良いんですよ。
しかし、悲しいかな、人間と言うのは目の前に何かしらのニンジンがぶら下がっていないと、なかなか努力を維持できない生物ですよね?

それでは、地道な練習においしいニンジンをぶら下げる方法は?
それが、「憧れ」なんです。

こんなベースを弾けるようになりたい!
この人みたいにカッコよくなりたい!

なんでも良いと思います。あなたの選んだ曲やベーシストを「真似る」ことをするのです。そうすることによって、自然と「学ぶ」ことが出来るのです。しかも、あなたの憧れに近付けるという一石二鳥ですから、何も考えずに練習するよりも、ずっと楽しいとは思いませんか?

上級者は、意外とこの方法を使って、上手くなっていっています。

漠然とした「上手くなりたい」は、時にはゴールが見えずに苦しく、その苦しさから練習嫌いになってしまうこともあります。もっと、気楽に自分を楽しませながら練習をしましょう。

実際のレッスンでも、生徒さんによって「憧れ」は様々です。「憧れ」がないと言う方も、良く良く聞いてみればたいていはあります。


ちなみに、そういうのを聞きだすのが得意です、私^^。そして、「その憧れ実は俺もあるかも!?」と思った時は、こっそり体得しちゃいます。


もちろん、内緒でね^^。

 

(2009年12月18日(金) 0:17)

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ