サイタ音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 あなたをひきだすエレキベース教室 スクールブログ エフェクターに...

エフェクターについて<Q&A>

久しぶりのブログ更新です。
いつもお読みくださりありがとうございます。

今日は、エフェクターについて・・・。

ベースを始められて半年ぐらいするとエフェクターに興味を持たれる方も多くいらっしゃいます。
とくに中高生の部活動などでされている方は、<先輩に勧められたりする>と相談を受けます。

ということで・・・過去に受けた質問で多かったものを取り上げてみます。

1.エフェクターって必要ですか?

 結論から言えばどちらでも良いです。(いきなり投げやり?な回答になりました笑)
 が、楽曲によって特定の音が必要であれば目的に合わせたエフェクターを用意してください。

2.マルチ(デジタル)かコンパクト、どちらがいいですか?

 最近は、デジタルのマルチが<かなり安く品質も良く>なっています。
 ですので、デジタルからでも良いですが、説明書を読まないと機能を十分に使えません。

 コンパクトエフェクターの場合は、<出したい音が決まっていれば>用途に合わせた物を購入すればまず間違えなく使用できますが、たくさんつなげるとノイズなどが出てきたりケーブルが多く必要だったり多くなると管理が大変になります。

 ただコンパクトだと<大概の製品は、直感的に操作>が可能です。

 <結論・・・説明書を読んで機械をいじるのが好きであれば、マルチ一台で十分です。
      直感的に決まった音だけをピンポイントで出したいのであればコンパクトをおすすめします。


3.ズバリ値段は、いくらぐらいですか?どれくらいのものを買えば良いですか?

 デジタルマルチですと安いもので1万円前後からあります。
 はじめの一台というのであれば、<十分すぎる機能と音質>のものが手に入ります。

 コンパクトですと、一つの音色で1万円ぐらいはするかと思います。




その他、私がお勧めしているのが・・・・


<ライブ演奏をするのであれば>

  1.ペダル式のチューナー
  2.D.I機能付きプリアンプ

の2点は、持っていると便利です、プリアンプは3万円ぐらいと高価なので必要なければ入りません。
チューナーは、クリップ式でも良いですが、その場合、ボリュームペダルと合わせて使うと便利です。

ペダル式のチューナーは、音をミュートしてチューニングできるのでライブではとても便利です。
ただ野外ライブだと光でLEDが見えなかったりします・・・ですのでちょっと細工をする必要がありますが。


<デジタルの方が良いもの・・・私、個人の関係>

オクターバー、それとリバーブ、ディレイ、コーラスといった空間系は、デジタルを個人的にはおすすめします。
アナログのコンパクトを混ぜるのではあれば、ループスイッチなど使うことになり本格的になりますが・・・
必要であればエフェクターボードを組んでみるのも楽しいかと思います。



エフェクターについてもまた書いてみたいと思います。

レッスンでも是非、積極的にエフェクターなど機材を持ち込んでくださいね。






エフェクターについて<Q&A>エフェクターについて<Q&A>エフェクターについて<Q&A>

(2017年5月3日(水) 3:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・大手楽器店の講師!経験豊富だからできるアナタの個性を生かした指導

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

今日は、セッションでよく使われるブルーズ(ブルース、ではなくブルーズが正しい?言い方の様です)進行を取り上げてみます。 レッスンでもやる事が多いですが、ちょうど先日のレッスンで生徒さんが<セッションに行かれる>、という事で掘り下げてみましたので。 ブルーズ進行でのセッションとは...

花粉対策はみなさまされていますでしょうか。 いやぁ、、、ここ数日、自分は発熱するぐらいまで行っておりました。 アレルギーは猫アレルギーも持っているのですけど、、、そちらもひどかった時は、39度ぐらいの熱が出た事あります。 はい、、、今日は、<音の長さをコントロールする練習方法...

レッスン受講者の方から質問が多い奏法に<レイキング>といわれる物があります。 これは、弾く側(右利きなら右)の指の使い方なのですが、、、 1弦から2弦へ移動するフレーズなんかを、、、 人さし指だったら人さし指一本で連続して弾くという奏法です。 このレイキングを使うとフレ...

花粉の時期ですね、自分は薬を飲むほどではないのですが、数年前からそれらしい症状が出てきました。 昨日あたりから、熱もなく体も動くのですが、熱っぽい、、、という状態で過ごしています。 はい、今日は、<音感について>です。 以前、音感の養い方を書いた事があります。 ムービーもア...

メトロノームの使い方シリーズです。 これもレッスンノートからの引用になりますが、ご参考になればと思います。 メトロノームは、一定のテンポで音を鳴らす基準となるものです。 その使い方は様々になりますが、、、 リズムの話でよく言われる<裏を意識する>という事の練習に...

ブログ記事 ページ先頭へ