全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 あなたをひきだすエレキベース教室 スクールブログ 「スキルアップ...

「スキルアップのために!」ジャズの勧め

今日は、スキルアップのためにジャズ、という音楽の勧めです。


形だけでもジャズの曲を練習というか、触れてみるという事は、音楽的なスキルアップにかなりつながります。


が・・・専門的なレベルでジャズを習得しよう、というのではありません。


具体的にレッスンに取り入れているのは、ジャズスタンダードのメロディをベースで弾くというものです。


ジャズのメロディは、分散和音的なもので出来ているので指を広げる練習になります。



例えば、3弦の3フレットのドの音を弾いて次がミだとします。
だいたいは、2弦の2フレットのミに指を持っていきがちですが・・・

ジャズのメロディを弾いてみると、同じ3弦の7フレットのミを小指で押さえて、次の音符に行く、という方がスムーズだったりします。



ベースの指板(ネックですね)を見る時に・・・タテの視点とヨコの視点があるのですが・・・


その視点を切り替えて見れる様にするのにもベーシストがメロディを弾くのは役立ちます。



そうして「視点の切り替え」を覚えていくと・・・


これまた不思議なのですが、自分自身の感受性も刺激されてきて・・・音楽をやっている!

という実感に変わっていき・・・結果、スキルアップにつながります。

実感を伴えば、目で見なくても手が動いている、という感覚で弾けるようになります。




ジャズという音楽は、(ジャズにも色々ありますが)少しふれるだけで・・・

様々につぶしの効く、といえばいいのか・・・そんな万能な音楽のスタイルです。


ロックでもポップスでも・・・演歌でも・・・もうなんでもジャズ(の様な?でもかまいませんが)を取り入れて少しでも音楽の広がり感を交えた練習方法をしていく事によって・・・

玄人ぽい演奏技術が習得できるかもしれません。



ギターの場合は、ブルースから入るという方法もあります。

が、ベースは、ジャズ系をお勧めしています。


もちろん、ブルース系のアドリブ方法などもレッスンでは取り入れています。


ということで・・・ジャズ、そしてブルース・・・

弾きたい曲をより物にするためにも・・・ぜひ取り組んでみてください。


練習の仕方は、もちろんレッスンでお教えいたします♪




さて次回(といっても次々回かもしれませんが)は・・・少しばかり専門的な事になりますが・・・ベースでレコーディングされる方にぜひ、チェックしてほしい位相の話を書いてみたいと思っています。(といっても内容はシンプル)


お読みくださりありがとうございます。





 

(2016年10月14日(金) 0:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・大手楽器店の講師!経験豊富だからできるアナタの個性を生かした指導

あなたをひきだすエレキベース教室
小林大 (エレキベース)

川崎・横浜・戸塚・藤沢・平塚・小田原・登戸・町田・桜木町・関内・逗子・久里浜・上大岡

ブログ記事 ページ先頭へ