全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 あなたをひきだすエレキベース教室 スクールブログ 「誰でも出来る...

「誰でも出来る!』リズム感を身につける

この9月よりベースコーチとして開校いたしました小林です。

こちらのブログでは、ベースレッスンの様子やベース全般に関して記事をアップしていこうと思っています。

と書きながらも・・・開校よりひと月もたってしまいました。

この一ヶ月、やや忙しくしておりまして・・・何をしていたのかと申しますと・・・・


それは、DTM(デスクトップミュージック・要はパソコンで音楽をする)環境を構築していました。

以前、TVやゲームの仕事でベースプレイだけでなく、作編曲、ミキシング、マスタリングまでをしていた時期がありました。

もうそのあたりの仕事はやめていまして機材一式は手放していたのですが、こちらの開校と合わせまして部屋を整理し新たに構築していたわけです。

といっても中古の今となっては安い機材を揃えて一通りできる、というような状態です。

(機材や録音全般などもレッスンでお話しできると思いますのでご興味ある方はご質問くださいね)

その機材で20年前の音源などをミックスしなおしたりして・・・エンジニア的な耳を鍛え始めたらアッと言う間に時間が経っていた・・・という状況です(汗)


さて・・・・ベースのお話しに入りたいと思います。

今日のテーマは・・・ずばりリズム感!

自分は、正直に言いまして器用な方ではありません。

ですからリズム感がいいか?と言われれば悪いと思います。


けれどもそんなわたしの様な人にも、いえ・・・きっとベーシストなら誰でも・・・

目からウロコのリズム感訓練方法があります。

簡単に説明しますと・・・・

体を振り子にする・・・

という方法です。

自分のレッスンの重要ポイントの一つでこれは繰り返しやっていくのですが・・・具体的には・・・


ーーー

1.イスに座ってベースを構える

2.テンポを取る・出来れば口でワン・ツー・ワン・ツーと発音する・はじめはクリックやドラムなしでも可

3.ワンの時に体を前に倒す

4.ツーの時に状態を起こす(座ってお腹を使う体操をするようなイメージ)

ーーー


たったこれだけでメトロームやリズムマシンにあわせて行きます。

またベースで何かフレーズを弾きながらはもちろんのこと慣れてきたら足を踏んだり・・・
ベースを持たずに手拍子からなんていうのもアリです。
(手拍子もやり方があります)


ポイントは、体を起こす時、お腹に力を入れる・・・というか意識をします。
体を倒す時は、重力にまかせて自然に・・・。

そしてワン・ツー・スリー・フォーではなくワン・ツー・ワンツーと体操の様な感覚で続けることです。

ドラムがいるバンドをされている方であれば、分かるかと思いますが、通常、1.3拍目にバスドラムがきます。
2.4拍目はスネアドラムです。

それをワン・ツー・ワンツーと数えます。バスドラムがワン.スネアがツー.です。
ワンで状態を倒し、ツーであげます。

ツーで力を入れるのは意味があります。

それは・・・・いわゆる2.4拍のスネアを意識する、というのを体で覚えるためです。



この方法で訓練していくと、なぜかリズム感が体にしみついてフレーズがリズムから外れなくなっていきます。

リズムがうまく取れないという方・・・楽器を弾く、という視点からだけではなく、体を動かすという視点で音楽を捉えてみると、出音もよくなるかもしれません。


お読みくださりどうもありがとうございます。

定期的にブログも更新いたしますのでお楽しみに♪

 

(2016年10月3日(月) 23:53)

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・大手楽器店の講師!経験豊富だからできるアナタの個性を生かした指導

あなたをひきだすエレキベース教室
小林大 (エレキベース)

川崎・横浜・戸塚・藤沢・平塚・小田原・登戸・町田・桜木町・関内・逗子・久里浜・上大岡

ブログ記事 ページ先頭へ