全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 Atomic Bass Lab. スクールブログ 「自分に合った...

「自分に合ったフォーム」を見つけましょう

はじめまして。
「Atomic Bass Lab.」講師の「Atomic花田」こと濱田誠一です。

今回はご挨拶がてら、私のベースとの出会いを書いてみようと思います。

初めてベースに触れたのは中学3年の頃、初めて組んだバンドでベースだけが居なかったから。
よくあるパターンですね。(笑)
それまでクラシックギターを弾いていた為、「下の4弦がオクターブ下がっただけね、楽勝!」とか
思って軽い気持ちで引き受けたのですが、これが甘かった‥
重い!弦がぶっとい!弦間、フレット幅が広くて指の長さが足りない!
指はマメだらけになるわ筋肉痛で腕が上がらなくなるわ、曲を弾けるようになるまで大変苦労しました。

今思えば、楽器と体のポジションが定まらない事と、不必要な力が入っていた為の苦労だった訳ですが、
当時は教えてくれる人もなく、試行錯誤の連続でした。

今はネット上にあらゆる情報があり、たいていの事はすぐに答えが分かります。
いい時代ですね。

ただ、人の体は一人として同じではありません。
体型、指の長さと形は人それぞれで、無理のないフォーム、奏法は一概には言えないのです。
ベースは他の楽器に比べて大きく重いので、体の負担は大きくなりがちです。
特に女性がベースを弾こうとする時、この問題は深刻になりがちではないでしょうか。

私自身、師匠のフォーム改善指導のお陰でベースを楽に弾けるようになりました。
この部分に関しては指導に自信があります。
ベースを楽しみ、早い上達を目指す為にも、まずは自分に合ったフォーム、奏法を見つけ出しましょう。
そのお手伝いをさせてください。

とは言っても、難しく考えることはありません。
まずは、体験レッスンでお会いしませんか?
機材の貸し出しも完備していますよ!


「自分に合ったフォーム」を見つけましょう

(2016年10月3日(月) 14:35)

次の記事

この記事を書いたコーチ

長年のライブ経験が武器!サウンド制作も手掛ける先生。多弦ベースも対応

Atomic Bass Lab.
濱田誠一 (エレキベース)

登戸・町田・向ヶ丘遊園・生田・新百合ヶ丘・鶴川・たまプラーザ

ブログ記事 ページ先頭へ