全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 ゆきお低音塾 スクールブログ 低音紀行 バン...

低音紀行 バンドの中のベースとは

こんにちはゆきおです。
いつも読んでいただきありがとうございます。

今日は原点に立ち返り
ベースってどんな役目なの?
ということについてです。

体験レッスンの際にボーカリスト志望の方がおりまして
ベースを弾ける様になりたいとのことでした。
実は理由はどうあれコレはとても大事なことで!

バンドの中でベースってどんなイメージですかね?
大黒柱とか縁の下の力持ちとか
だいたいそんなイメージだと思います。
まあその通りなんですけど(笑)
だからベースなんて名前なんでしょうか

見た目は何だかデカいギターですよね
でも弦が4本くらいで太い
コードを押さて掻き鳴らさず1本ずつ弾いてる
ベースと言うだけあってとても音が低い

けど、ベースって弦楽器であると同時に
リズム楽器でもあるんですね。ドラムと同じで。

コードの中の1番低い音だけ鳴らしてリズムを刻んで
曲に厚みを出すのがベースの役目です。
ベースがないと曲は迫力なくてスカスカになりますよね。

で、意外と見落としがちなんですけど
ボーカルにとってもベースってものすごい大事で
ボーカルが歌いやすいか否かはベースにかかっています。

今まで色んなボーカリストやベテランの先生と
お話ししたり演奏したりしてきたんですけど
やっぱり1番聴いてるのはベースなんですね。

コードとリズム両方を支えているから当然ですが
歌にも大きく影響するんです。
ギターがミスってもドラムがミスっても
ベースがミスってなければ曲は進行出来ちゃうんですね。
逆だと一気に崩れます(笑)

だからボーカルはベースをとても信頼してます(笑)
なのでベースはボーカルを支えてあげましょう(笑)

なんだか大変そうですが意外とそうでもなく
むしろ自分の演奏がバンド全体に溶け込んで
一気に一体感が増す瞬間はとても楽しいです!
空気が勝手に盛り上がったり下がったり
その感じをグルーヴとよく言います。
それこそがベースの醍醐味ですね。

歌モノバンドにおいて歌は絶対です。
歌いやすくサポートすることこそが
ベースの真の役割だと考えています。
そのために必要なのがグルーヴってわけです。

…なんてやりがいのある楽器なんでしょう(笑)

だからボーカルの方がベースを理解するって
すんごい大事な事だと思いました。
っていうことが言いたかった。笑

なかにはベースボーカルなんてスタイルもあります。
難しいんですがとてもカッコいいです!

興味がある方は是非挑戦してみましょう!

ではでは!

 

(2016年9月13日(火) 11:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド初挑戦の方も必見!邦ロック好きな先生が機材選びから明るくサポート

ゆきお低音塾
細田和幸 (エレキベース)

新橋・品川・川崎・横浜・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・上野・秋葉原・北千住・大井...

ブログ記事 ページ先頭へ