全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 ゆきお低音塾 スクールブログ 低音紀行 機材...

低音紀行 機材編 プリアンプ

こんにちは!ミスターカフェインゆきおです!

いつもフリック操作なんですけど、「す」が「ふ」に
なりがちなんでふよね。


ほら


そんなわけで機材についても書こうと思いました。
まずはエフェクターからでふ!


そもそもエフェクターとはなんぞやと

よくギタリストが足元にゴチャゴチャ小さい箱並べてますよね。
アレがエフェクターです。海外ではペダルっていうのが一般的です。

もちろんベース用ペダルも存在しています。

が、ベースの場合多くは音を変えるというよりは
音質補正の役割が大きい様に思います。

低音や高音を補正するプリアンプ

小さい音を大きく、大きい音を小さく補正するコンプレッサー

この2つがベーシストにとって最も用いられるものかと思います。

なのでこの2つについて綴っていきましょう。

まずは「プリアンプ」
アンプと言うだけあってベースを繋ぐアンプと同じ役割です。
今時本当に様々なプリアンプが出回っています。
ですが基本的な構造は同じです!

音量を決めるボリュームがあって

低音を補正するBASS
中音を補正するMIDDLE(モノによっては無いです
高音を補正するTREBLE

そして弾いた音を増幅させる、というとパッときませんので
音を歪ませるGAIN

だいたいこれらが付いてます。

アンプにも同じツマミが並んでますよね。

アンプだけじゃ物足りないと言うときに出番です。
何と一気に音がカッコ良くなります!ヒュー!

一緒なら何で種類がたくさんあるのか。

プリアンプごとに回路が違ったり
補正する周波数帯が違ったりします。
要するに同じBASSでも若干違うとこ補正する
なので音のキャラクターがみんな違います。
あとはMIDDLEが付いてないとかでももちろん変わります。

それはもう好き好きですね。

超有名どこで言えば
tech21 sansamp サンズアンプというペダル
mxr m-80 エムエックスアールのプリアンプって言えば大体これになります。

どちらもタイプの違う名器です。
言うなれば悟空とベジータです。
さあサウンドハウスで検索だ!

しかしもう悟空とベジータの時代ではなく
悟飯や悟天、トランクスが出てきます。

改良され近代化されたプリアンプがたくさんあります。
例えばサンズアンプの良くも悪くも1番の特徴…

MIDDLEがない。

いや、なかった。何とV2と名を改め付きました。

値段も相応です。V2です。

他には最近出てきたブランド
darkglass electro
pike amplification
などなど、強そうな名前が出てきます。
アルファベット3文字とかサンズ!とかとは大違いですね。
戦闘力の分値段も相当高いので注意が必要です。

みなさんがCDやyoutubeで聴いてるあのカッコ良い音は
これらプリアンプのおかげも大きいです。

しかしこれらはあくまで必要に応じて使う。
というのが大前提でありもちろん使わない人もいます。
自分は色々試して結局使わないに落ち着きました。

サウンドハウスやyoutubeで検索すれば仕様や音など
色々聴くことができます。なんて便利な世の中でしょう。

みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに機材の悩みなんかも相談受け付けます。
せっかくだからイケメンな音を出しましょう。


では、次回はコンプレッサーについてです。

\(^o^)/

 

(2016年9月5日(月) 17:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド初挑戦の方も必見!邦ロック好きな先生が機材選びから明るくサポート

ゆきお低音塾
細田和幸 (エレキベース)

新橋・品川・川崎・横浜・恵比寿・渋谷・原宿・代々木・新宿・上野・秋葉原・北千住・大井...

ブログ記事 ページ先頭へ