全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース三重 ゼロからエンジョイエレキベース講座 スクールブログ ベースアンプに...

ベースアンプについて

皆さんこんにちは!
今回は、ベースアンプについて少しお話していきたいと思います。


まず、ベースを弾く時にはほぼアンプを使用していることだと思います。
(アコースティックの場合は違いますが、稀なことだと思います。笑)


そしてアンプを使用するのは、自宅で練習をする時に使用する
家庭用のアンプと、スタジオやライブハウスで使用するアンプの
大きく分けてこの2種類になります。


中でも、自宅練習用のアンプを使用して練習をしているって
ゆう方は多いんじゃないでしょうか?


そんなアンプの中でも、数千円とリーズナブルなアンプから
何万円といったアンプまで価格帯はそれぞれありますよね。


最初に入門セットなどを購入された方は、アンプもセットに
なっているパターンもあると思います。


入門セットに付いているアンプでも、最初は音が出せるって
ゆう喜びであんまり気にはしないと思いますが、時間が経って
くるとなんだかちょっと物足らない音だってゆう気持ちにも
なるんじゃないでしょうか?
(実際、私自身はそうなってしまいましたが。笑)


そうなった時に決心をしてアンプを購入しよう
という気持ちになるのではと思います。


でも、実際はどんなアンプを使ったらいいのかが
わからないってゆうこも多々あるんじゃないでしょうか?



これはもう正直、最終は個人の好みという次元の
話になってきてしまうのですが、(笑)
やはり、ベースをやっている上で「アンペグ」、「ハートキー」
の2種類が無難なのではないかと思います。
(他にもいろいろと種類はありますが。)


スタジオなどにもこの2種類のどちからかが
置いてあるのが定番になっています。



なので、まずは一回アンペグとハートキーがあるスタジオに
入ってみて、どちらが自分好みの音かを聴き比べてみても
いいのではないかなと思いますね!


その他にも、いろいろな種類のアンプが置いてある
スタジオもあると思うので、他に気に入った音の
アンプがあればそのブランドの家庭用アンプをチェック
してみるのもいいと思います。
(ブランドによっては家庭用アンプがない場合もあるかもしれませんが。)


こういったこともベースの1つの醍醐味であり、
楽しみなのではないでしょうか^^


この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです!
それではまた!

 

(2016年7月11日(月) 14:57)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ポップスバンドで活躍。ゼロ~ライブを見据えた駆け込みレッスンもOK

ブログ記事 ページ先頭へ