全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 ユウイチロウのエレキベーススクール スクールブログ 脱力を習得する...

脱力を習得するにはどうしたら良いのか?

最近のレッスンでこのような質問をされました。
脱力ってどうすれば身につくのですか?





脱力




全ての楽器に必要な要素だと思います。





プロのベーシストの演奏を映像で観たら
多くの人はこう思うはずです。






何故こんなにものすごく速く大きな音で演奏しているのに。
軽く弾いているように見えるのだろう。






これは脱力がもたらした効果です。






ものすごく難しい演奏ができる人は
力のぬきどころが上手いのです。
つまり脱力を習得しているという事です。






ですが脱力ができればテクニカルな演奏ができるといっても
それを習得するのは一筋縄ではありません。






そして脱力というものは言葉で説明するのが
難しくもあります。





何故ならその人個人個人
体の大きさも筋肉の量も違います。






脱力というものを考える上でまず
私が生徒さんにしてもらう事があります。
それは…






力を思いっきり使ってベースを弾く事です。






矛盾していますよね(笑)(-_-;)





何が言いたいかというと
力を全力で使う感覚を覚えることが
力を抜く感覚を覚える事につながるということです。






つまり力の入れ方が解らないと
力の抜き方は解らないという事です♪







自分の最大限の力を使ってベースを弾く
その時に自分のどの筋肉が使われているのか
感じてみてください。







まずはそれを繰り返してみてください。







力の抜き方を意識する前に
力の入れ方を意識する。







それが脱力への第一歩だと思います!


 

(2016年5月31日(火) 21:56)

前の記事

この記事を書いたコーチ

リズム感の習得を重視したレッスン!テクニックや理論を惜しみなく伝授

ユウイチロウのエレキベーススクール
矢嶋裕一郎 (エレキベース)

目黒・渋谷・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒込・秋葉原・神田・南浦和・四...

ブログ記事 ページ先頭へ