全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 ユウイチロウのエレキベーススクール スクールブログ リズムの練習法...

リズムの練習法でこれだけはやらないほうが良いもの。

今日はリズムの習得の練習で
これだけはしてはいけないという事です。





せっかくなのでクイズにしましょう(笑)。





さて何だと思います?





それは…






リズムマシンと練習するという事です。






え?リズムマシンて
リズムの練習の為の機械じゃないの?




そう思うのが普通だと思います。
でも違うのです。





リズマシンというのは
正確にリズムを刻んでくれます。





8ビートなら8ビート
16ビートなら16ビート





寸分のミスもなく一定のリズムを
ずっとずっと刻んでくれるのです。





ですがこのリズムマシンと練習していると
自分にどういう事が起こるのか?





自分の演奏がヨレたりするのに
気づかなくなってしまうのです。





何故かというと。リズムマシンは
正確無比なリズムをひたすら刻みます。




そのリズムに合わせていたら
ちょっとのヨレなど気にならなくなってしまうのです。




果ては私って今すごく上手く弾けてるかも
なんて錯覚すら起こします(笑)。





だからこそ練習はリズムマシンではなく
クリック(メトロノーム)に合わせて練習するのが





一番なのです。特にメトロノームを8分のウラで
鳴らして練習するのはオススメです。





一旦ずれたらそのままヨレたまま弾けなくなったりするので
いつもの練習に緊張感があります。





リズムマシンはリズムのパターンをつくったり
練習フレーズを作ったりするのに使うのはオススメです♪








練習はクリックと一緒に。
それがリズム感を向上させるカギになります!


 

(2016年3月25日(金) 9:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リズム感の習得を重視したレッスン!テクニックや理論を惜しみなく伝授

ユウイチロウのエレキベーススクール
矢嶋裕一郎 (エレキベース)

目黒・渋谷・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒込・秋葉原・神田・南浦和・四...

ブログ記事 ページ先頭へ