全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 ユウイチロウのエレキベーススクール スクールブログ 究極のベースの...

究極のベースのフォーム習得法①

今日は連想ゲームから始めたいと思います(^^)/






イチロー選手







さてイチロー選手からどんな言葉が連想されるでしょうか?





メジャーリーガー





日米通算4200本安打





背面キャッチ





レーザービーム





そして振り子打法





こんなものが連想されると思います。





振り子打法。






野球の事を知らない人でもこの打法をイチロー選手が使うというのは誰もが知っていると思います。






この打法でイチロー選手が活躍し始めた時誰もがこの振り子のフォームを真似しました。





ですが真似を楽しむのは良いですが、実践でいきなり使うのはどうでしょうか?





今日は究極のフォーム(形)のお話しです。





楽器の世界でも憧れのプレイヤーの真似をするというのは普通にあります。





ただし、まずは今まで色々な人が築き上げてきた基本の型や正しい姿勢を習得する事が大事です。





何故かというと一度崩したフォームにしてしまうとなかなかそのクセを直しずらいからです。





良くピアノを弾くときは手を卵を壊さないように包み込むような感じにするというのが言われると思います。





これはもう長年、様々な先生が教えている基本のキです。





なぜずっと言われているかと言えばそれが一般的な考えの理想のフォームだからです。





このフォームはまだまだ成長段階の小さなお子さんでも怪我をしにくいです。





もちろんイチロー選手もいきなり振り子打法からスタートしたわけではありません。





メジャーの有名選手から見たイチロー選手のフォームは理想の真逆と言われています。





ですが日米通算で4200本安打以上打っています。





長年基本的なフォームで練習してそこから崩していって、今のフォームがあるわけです。





崩したフォームというのは長年の練習から自分の体と相談して得ていったものです。





基本があるからこそ崩す事ができます。





いきなり崩したフォームからスタートすると怪我もしやすいです。





ベースで力まかせにピッキングすると腱鞘炎になりやすいです。





私のレッスンではとくに高校生には怪我をしないように基本のフォームを覚えるようにレッスンしています。





究極を追い求めるにはまずは基本から






基本のフォームの先に究極のフォームがあります!



 

(2016年3月3日(木) 23:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リズム感の習得を重視したレッスン!テクニックや理論を惜しみなく伝授

ユウイチロウのエレキベーススクール
矢嶋裕一郎 (エレキベース)

目黒・渋谷・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒込・秋葉原・神田・南浦和・四...

ブログ記事 ページ先頭へ