全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース兵庫 エノモト ベーススクール スクールブログ ピック選びと演...

ピック選びと演奏デモ

こんにちは。

今回は、ピック選びについてです。
楽器屋さんに行くと、アクリルで仕切られたケースに
いっぱい並んでますよねー。
どれにしようかなぁ、と悩むと思います。
でも、ピックって1枚あたりが安いので、いろいろ
何枚か試しで買ってみて、自分の合うものを選べば
良いです。持ってみた感じや、弦を弾いた時の感じ、音で選ぶ感じかな。
ピックの形や厚さ、材質によっても勿論それらは変わってきますよね。

僕も最初はわからず、「ベースってピックで弾く時は
どんなピックがいいんかな?」って友達に聞いたら
「ベースはオニギリ型やな。」と言われ、またまた
「へぇー、そうなんやぁ。」と言われるままにオニギリを選択(笑)。
しばらくして、僕が影響を受けたベーシストの1人で
あるTAIJIさん(X)モデルのピックがちょうど三角形で
使ってみたら、弾きやすかったこともあり、
そればかり使っている時もありました。
ただ、僕はピックと弦の接地面が少ない方がプレイ
しやすいなぁと思うようになり、ティアドロップ型を
使うようになりました。

色々使ってみて、もうここ15年以上は使っている
ピックがジムダンロップのティアドロップ型ピック。
すべりにくいし、削れにくいので経済的(笑)。
厚みや硬さもちょうどいいですね。
ギターを弾く時も、これを使います。

このピックを使ったピック弾き、そして指弾き。
曲、気分によって使い分ける感じです。
後はピックの持ち方、弾き方で自分のプレイを
音色も含めて確立して下さい!

<写真>
左…いつも使っているジムダンロップのピック
右…亀田杯で頂いた亀田誠治さんピック

<ピック演奏デモ>
ピックで歪ませて弾いています。

ピック選びと演奏デモ

(2016年2月19日(金) 22:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの有名バンドのメンバー最終選考にも!経験豊富なコーチと基本から

エノモト ベーススクール
榎本亮二 (エレキベース)

梅田/大阪・芦屋・六甲道・三ノ宮・西九条・難波・尼崎(阪神)・武庫川・西宮(阪神)・...

ブログ記事 ページ先頭へ