全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 スズキのベース・ワークショップ スクールブログ よく受ける相談...

よく受ける相談:エフェクターは何を買えばいいのか?

忙しいのにかこつけている間に(本当はぼんやりしていた)あっという間にブログの更新が滞ってしまいました。
こんにちは、鈴木です。

今日はよくお受けする相談の一つ、
「エフェクターを買いたいのだが何を買ったらいいか」
について。

エフェクターと言っても様々なものがあり、何から買ったらいいのか、最初の頃は全く見当がつかないと思います。
そこで、私が普段よく使う種類を使用頻度順にいくつか。
それぞれの機能についてはきっと情報がいくらでもあると思うので、省略しますね。

1)Fuzz/OverDrive
2)Comp/Limiter
3)Filter/Wah
4)Octaver/PitchShifter
5)Preamp(EQとBoost付き)
6)Delay
7)その他の空間系
といった順でしょうか。
基本的に常に持ち歩いているものは5番目ぐらいまでとプラスαぐらいです。大抵はこれでなんとかなります。

が、これから初めてエフェクターを買おう!と思っている方にはこれを一気に揃えるのではなく、

『マルチエフェクター』

をお勧めします。
最近では各社から安くて高品質なマルチエフェクターがたくさん発売されており、安価に大抵のエフェクターを一度に揃えることができてしまいます。

そして重要なのが、たくさんのエフェクターが一つの小さなペダルに詰まっているので、持ち歩きもとても楽、という点。単体でそれぞれ集めるとどうしても重くなってしまし、持ち歩きが辛くなってしまいます。そうなると次第に持ち歩かなくなり、そして結局使わないことに・・・。

それともう一つ。最近のマルチエフェクターには過去のアンプやペダルの名機をシミュレートしたものが多数入っています。そのシミュレートされた音というのは、実機にそっくりかどうか、というよりも特徴をうまくデフォルメされたものになっており、それぞれの機種の音の特徴をより掴みやすくなっています。いきなり実機を使ってよく分からないな・・・となるよりも自分の好みの傾向を知るにはとても効果的です。

もしちょうど悩んでる方がいたら、是非マルチも視野に入れてみてくださいね。

 

(2016年2月10日(水) 20:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

数々のメジャー作品に参加。一人ひとりに合った演奏スタイルを見つけます

スズキのベース・ワークショップ
鈴木学 (エレキベース)

川崎・横浜・五反田・目黒・渋谷・原宿・池袋・武蔵小杉・溝の口・蒲田・学芸大学・都立大...

ブログ記事 ページ先頭へ