全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース京都 Funkyベーススクール スクールブログ 演奏動画解説 ...

演奏動画解説 ~コード ダブルストップ~

さて、先日アップした動画ですが様々なご質問を頂戴したので
数回に渡り、この場を借りてお応えいたしましょう!

まず、最初の部分ですがコード弾き(ダブルストップ・トリプルストップ)
と呼ばれる奏法をしています。
2音同時に鳴らすと「ダブルストップ」
3音同時だと「トリプルストップ」

この動画の出だしの部分です





通常ベースという楽器は単音で奏でられることがほとんどですが、
稀にこのように【和音】を弾くというアプローチをとる事があります。
ベースならではの暖かい音色で、ギターとは一味違う雰囲気を醸し出すことができますね☆

なんと!この奏法やその他様々なテクニックを駆使した「ソロベース」という
演奏スタイルがあるほど!
(ソロベースにテーマを絞った教則本も発売されていましたね!)

いやぁ~世の中には色んな人がいるもんですね~(笑)


ちなみに、和音には【ローインターバルリミット】と呼ばれる現象があります。

それは「ある一定以下の音域になると、それまでと同じ音の積み方でもキレイに響かず、濁って聞こえてしまう」というものなのですが。
(音色、その他の条件で【一定以下の音域】は変化します)

ベースが普段弾いている音域は思いっきりコレに被ってしまいます。。
なので!普段あまり使わない高い音域を活用したり、音使いに工夫が必要になるのです。

例えば、
1 ルートと3rdの音のみを使う
2 このままではキレイに響かないので、3rdの音を1オクターブ上げる

などなど、、、



で、実際にどうするの?

という所はレッスンでお応えいたしましょう!



--------------------------------------------------------------------------------------------------

Funkyベーススクール


ファンキーなベースプレイ☆ ド派手なスラップからメロウなソロ・コードプレイまでお任せ下さい!



体験レッスン随時受付中!

詳細は下記URLをご確認下さい



体験レッスン申し込み



スクールBlog



 

(2015年10月28日(水) 15:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

野外フェスやCDリリースも経験!楽器店の講師経験を生かし初歩から指導

ブログ記事 ページ先頭へ