全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 Bo-zu・ベースクリニック スクールブログ 理想と現実の狭...

理想と現実の狭間で

15年くらいベースを弾いてきて、一つの答えに辿り着いた事があります。
ベーシストは包容力が問われる、と言うことです。
楽器を持った状態では一番大人にならなければいけません。

こんな経験誰しもあると思います。
・好きな曲をやりたい
・好きなプレイをしたい
・好きな音を出したい
等。
これ、残念ながら主張してはダメなところです。
バンド内で好きな曲をやりたい、ってのはアリですけどね。

ですが、練習段階において特定のアーティスト、バンドで固めるのはモチベーション維持以外ではオススメではないです。
つまりよく言う、視野を広めましょう。ということに繋がります。

例にあげた好きなプレイがしたい、ですが根も葉もない事をいってしまうと誰もベーシストに音数を求めていないのが現状です。
他のプレイヤーはグルーヴを求めています。
ベースとドラムのコンビネーションでノリノリにさせるのがグルーヴですね。
そのグルーヴを作るために、またVoが歌いやすいようにしてあげる為に、音数を増やすというのが自然です。
けどまぁこれは鍛練と経験です。
僕なんかは動く方ですし、ワビサビや空気を読めれば(笑)
そしてたまーに空気を読まずに狂うからベースかっけぇぇぇぇ!
となるわけです。
いつも狂ったように動いていたらうるせぇなぁ、、、
と思われます。
ヒントはvoを支えるのかor共に曲を盛り上げるのか
で判断すると上手くいくかもです。

好きな音で弾きたいって昔は僕も考えていました。
けど考えに考えすぎて、自分を見失い好きな音などなくなってしまいました(笑)
言い過ぎではありますが、1つ確定事項があります。
誰もベースの音質等、気にしていないです。
これはとても悲しい事ですがメンバーに聞いてみればわかります。
自分なりにセッティングを工夫して、お金と時間をかけてリハに臨み、完璧なプレイをした後に聞いてください。
今日、俺の音どうだった?と。
90%はいつもと変わらない、9%は前の方がよかった、1%はすごくよかったよ!
です。
今でも僕はすごく傷つくので、そんな質問しないことにしています(笑)
つまり他のプレイヤーがベースに求めていることは、
最低限の音圧と音抜けのみです。
音圧がなければベースじゃないし
音抜けが悪ければ弾く意味がない
を僕は信条としています。
そしてこれは簡単。
ボトム感を得られるギリギリまでロー削り、スラップが見えるギリギリまでハイを調整し、ギターの音質に合わせてミドル調整で終了。
この作業が比較的イージー、という理由もありつつ僕はジャズベを選んでいます。
まぁもちろん
ギャリギャリのロックにはアクティブなヘビーサウンドが合いますし
女性ボーカルならジャズベが合いますし
ブルース、往年ファンクならプレべですし
ジャズならウッドorフレットレス
ですが、プレイと音作りのベターを学ぶためにも1の見識を深めましょう、に還るわけです。

長年そんなことを考えているうちに好きなサウンドも好きなジャンルも無くなってしまいました(笑)
プレイ的に好きなのはファンクですけどね。
正直、あんま弾きたくねぇなあ、、、って曲を依頼されることもあるにはあるんですが(笑)
別のところに拘りをもって楽しく臨んでいます。
あんまやりたくねぇなぁ、、、
って状況こそ、チャンスです。
嫌いだからこそ、なあなあでやらずにしっかり掘り下げて取り組んでみましょう。
貴方が避けていた事があるからあんまやりたくねぇなぁ、、、
になるのです。
ベースを弾くことにおいて、無駄なことなど1つもありません。
がんばった証はテクニック、応用力となって貴方の財産となります。


さぁ、告知します!
11月1日 四谷アウトブレイク
にて仲良しバンドの企画に出演します!
そしてこの日はミニアルバム、root01の発売日です。
僕の15年間で現状できる事の全てが入っています。
いつもの白いJBに PB エキゾチック製アクティブJB を使いました。
三本の特徴が色濃くでた、珍しいアルバムかと思います。
そしてスラップしてない曲は一曲だけというおバカアルバムっぷり(笑)
現代と往年の融合、Animarootsが銘打つ
ハイブリッド・ファンク
と呼ぶに相応しいアルバムに仕上がりました。
是非、お試しあれ!




 



 

(2015年10月13日(火) 16:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~ボカロ曲までサポート歴豊富!パパベーシストが親身にレッスン

Bo-zu・ベースクリニック
加山耕平 (エレキベース)

高田馬場・池袋・御徒町・秋葉原・西船橋・御茶ノ水・水道橋・銀座・葛西・浦安・行徳・神...

ブログ記事 ページ先頭へ