全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース埼玉 smartベーススクール スクールブログ 教則本難しくな...

教則本難しくない?

最近、色々なベース教則本を読む機会が増えました。
で、感想は・・・、

「どれも難しくね?」

僕が読んだ本は決して上級者向けって訳ではなく、表紙やタイトルから推測し、おそらく初心者~初級中級者向けだと思います。

難しくね?ってのは内容が理解できない訳じゃなくて書いてある内容はどれもごもっともなんだけど、自分の経験から踏まえると、そこに気付いて理解できるようになったの30歳超えてからだったわ、とか、それ感覚的にわかってきたのバンド始めて10年くらい経ってからだったよなぁとか。

と同時に、これベース初めて3年位の人が読んで納得して理解出来たら、その人はあと5年もしたら俺なんかよりも遥か上の存在のスーパーベーシストになるんだろうなぁっていう恐ろしい気持ちにもなったね。

僕は20代の頃、先輩方に色々アドバイスを頂いたけど、その頃ってアドバイスを頂いても自分の知識や技術、そして何より経験が頂いているアドバイスを理解できるレベルに達していないから、結局は、「はい、はい、はい」と表面上では聞いていたものの頭の中は「???」でしたね。
先輩からのありがたきアドバイスに対して「ちょっと何言ってるかよくわからないです」なんてサンドウィッチマンのようなうまい切り返しは言えず、理解できないが故にだんだん説教受けてるような気分になってきて 辛くなってきたこともありました。

そんな僕だからレッスンは生徒さんがちゃんと理解できて手が届きそうなところをピンポイントで狙っていこうと。

そして、やっぱり「教則本難しくね?」ってつくづく実感。

 

(2015年8月3日(月) 16:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

RAMARのベーシストとしてライブやイベントで活躍!どんどん質問して上達

ブログ記事 ページ先頭へ