サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 よっちゃんのベーススクール スクールブログ 弦交換後のチュ...

弦交換後のチューニング、オクターブチューニング

弦交換直後は、弦が新しいので、チューニングが非常に不安定です。
ですから、チューニングする際も弦をつまんで引っ張ったりして、よく伸ばしてあげましょう。
あくまで伸ばすのであって、思いっきり引っ張って弦を切らないようにしましょう!
張ったばかりで切れる事もあるんです。。
その時の脱力感ったらありませんよ(苦笑

しっかり解放弦でチューニング
4弦(E)
3弦(A)
2弦(D)
1弦(G)
という音で合わせましたね!

ではでは、オクターブチューニングに移りましょう
オクターブチューニングとは、

「12フレットのハーモニクス音」と
「12フレットを押さえた音(実音)」

を合わせましょうというものです!ジャジャン!

はい。

ハーモニクス音とは弦に指が少し触れている状態で弾いた時に出る
ポーーーンという少し心もとないですが、綺麗な音です。

12フレット目の真上に指を触れさせて出たハーモニクス音は
最初にチューニングしました
「解放弦でチューニングした音と同じ」になります。

そして、12フレット目でしっかり押さえて出した音も同じ音になります。


この解放弦に対して12フレット目のように
ド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ、ド
高くなって同じ音に達する事を音がオクターブ上がったと言います。

これがずれていたりするとオクターブピッチがずれているとなります。


では肝心の合わせ方ですがこの後すぐ!!w

 

(2015年6月19日(金) 22:08)

前の記事

次の記事

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは!ベース講師の河内です! 先日ベースの演奏をしてる時に、ベースの役割を再認識した事があったので、ちょっと書かせて頂きます。 そこのお店では、 お客さんが歌ったり、演奏したり出来るんですが、もちろん歌を歌う人がバンドをやってたり、いつも生演奏で歌ってるとは限りません。 ...

こんにちは、ベース講師の河内です。 雪や雨の日はベースを背負って出掛けるのは大変ですね(^^; 大雪の日お仕事や学校なども大丈夫でしたか? 先日、レッスン中に弾こうとするフレーズを口ずさみながら弾く事はとてもいい事ですとお話しする事がありまして、こちらのブログでも触れてみようと思...

こんにちは、ベース講師の河内です。 前々からジャズところいうものに興味は持っていたものの、いざやろうとなると、ロックやポップス畑の私は、どうしたものかと足が止まってしまいます。 僕はベースの講師をやっていますが、僕自身もどんどん高めていきたいと思っています。 ベースの師匠に「...

こんにちは、ベース講師の河内です! 好きな曲はありますか?という事ですが、 ベースがかっこいい ギターソロがいい ピアノが泣ける 歌詞に共感できる メロディーが頭に残る 踊れる めっちゃテクニカル 好きなアーティストの曲 私の青春 思い出深い なんでもいいと...

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 年も気持ちもあらたまっていきましょう。 三が日も過ぎぼちぼち日常が戻って来たように感じます。 いかがお過ごしでしょうか?ベース講師の河内です。 ところでみなさん、映画は好きですか? 僕は結構映画...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ