全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 ヒロタニ・ベース道場 スクールブログ 耳の置く場所

耳の置く場所


お久しぶりです。


ヒロタニです。


以前コピーは耳コピでベーシストの細かいニュアンスまで聴き取らないといけないって話を書いたと思います。


そのときコピーしたい曲はもちろんですが、ベースや楽器を始める前からよく聴いていたものをコピーするのが良いといいましたよね。


では、今日は耳コピをするときのコツ、注意事項をお教えします。


第一、原曲の【スピード感】を耳に馴染むまで聴く
(最近アプリなどでスロー再生などできるものもありますが、あまりお勧めしません。使うとしても、どうしてもわからない音程を聴き取るときのみにしましょう。なぜならそっちの方が結果的に耳の感度がよくなるからです。)



第二、自分がコピーするフレーズを追いかけるのではなく、【耳の置く場所】を考える。
(実はベースはどこだ!?と耳でなっている音から【探す】のではなく、【耳を置いている場所】にベースが鳴っているイメージ。)


第三、音程がとれて弾ける様になったら、音が【鳴り始める瞬間】、【切れる瞬間】を感じてコピーのレベルをアップ
(自分の音を【レコーダー】でとるのをお勧めします。)


この他にもまだまだ大切なことがありますが、今日はこの辺にしておきます。


【コピーは正義】


have fun!! ヒロタニ

 

(2015年4月17日(金) 2:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

他パートもこなせて、多方面からプレイを指導!野外フェスでのライブも経験

ヒロタニ・ベース道場
廣谷光紀 (エレキベース)

渋谷・新宿・登戸・吉祥寺・明大前・下北沢・高井戸・梅ヶ丘・経堂・向ヶ丘遊園

ブログ記事 ページ先頭へ