全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 ユウイチロウのエレキベーススクール スクールブログ 弦を長持ちさせ...

弦を長持ちさせるウラ技

ベースの弦ってけっこう高いですよね。消耗品だし、普通に使っていても2、3週間でブライトなギラッとした金属音がなくなってしまいます。

私は手汗がけっこう出るほうなのでもっともちません。そんな激しい消耗品の弦を長持ちさせるウラ技があるんです( ´ ▽ ` )ノそれは…






弦を煮るんです(笑)。何を言ってるんだと思う人もいるかと思いますが、これがびっくりするほど効果的なんです。

この方法は私が高校生の頃良く行っていた楽器屋さんに教わったんですが、その人はすごくスラップをする人なんです。でどうにかギラッとした音を長持ちできないかと色々試行錯誤した結果あみだしたみたいです。

やり方は簡単。古くなった弦をはずして、一巻きにして、後は沸騰したお湯に入れて5,6分待つだけ。

取り出した後はタオルなんかで良く拭いて、少し陰干しします。

実際弦を巻き直してみるとあらビックリ!ギラギラとした音が復活しています^_^

この弦を煮るウラ技なんですが、フレットレスベースを自在に操る世界的ベーシスト、ゲイリーウィリスの著書にも弦の煮込みのレシピなんてタイトルで載っています(笑)。

ゲイリーのやり方は煮方は同じですけど、陰干しせず、一巻きにした弦を最期にアルミホイルでくるんでオーブントースターで五分ほど焼くんです。

陰干しのやり方と音が変わるので、ぜひ両方試してみてくださいね^_^

 

(2015年4月1日(水) 12:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リズム感の習得を重視したレッスン!テクニックや理論を惜しみなく伝授

ユウイチロウのエレキベーススクール
矢嶋裕一郎 (エレキベース)

目黒・渋谷・代々木・新宿・高田馬場・池袋・大塚・巣鴨・駒込・秋葉原・神田・南浦和・四...

ブログ記事 ページ先頭へ