全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 Bo-zu・ベースクリニック スクールブログ フィンガリング...

フィンガリング考察

先日のライブにご来場頂いた方、ありがとうございました!
やはり黄色い声援があるといつも以上にベースがキレッキレになる加山です(笑)
とある友人のからの受け売りですが、「ライヴはなまもの」ですので、二度と同じ演奏はできません。
是非、ライヴを見たことのない方は足を運んでください。
上手くなりたければ、上手い演奏を聴く。
大切な事です。
美味しい物を作りたい時に、味を知らなければ作れないのと同じ事です。
きっと大事な肥やしになります。

さて、今回はフィンガリング考察。
実はこの考察シリーズさえ読んで練習をしておけば、ベースが上手くなるように書いています。
ですが、やはり実際は難しいでしょう。
僕も釣りのhow toを読んだり映像で見たりしていますが、全くうまくなりません(笑)
やはり練習回数が大切かと思います。
釣りが家でできればな(笑)
読んだだけで満足せず、必ず実行することが必要です。

さて、話がまたそれました。
世の中、超絶技巧の方などもいらっしゃいますね。
左手が蛇のように指板を駆け巡っています。
確かに、アレができたら大きなアドヴァンテージになるでしょう。
しかし僕は断言します。
必要のないテクニックです。
できるから、といって実際の曲等で披露すると99.9%嫌われます。
何故ってそれはギターの役目だからです。
では逆にギターが低音を効かせてルートを刻んでいたらどうしますか?
本当に、ベースはやることがないですね(笑)

では実際に、ベースにおけるフィンガリングでは何が大切でしょうか。
その辺を説明していきます。
まず一つに左手親指。
え?と思うかもしれません。
そうです、実際に押弦しない親指が最も大切になります。
無意識に親指の位置を調整しながらベーシストは弾いています。
最もやってはいけないのがネックと親指を平行に置いている状態。
これでは開く指が開きません。
ネックに対して垂直に、真ん中よりちょい上に親指を置くのがよいでしょう。
やってみればわかりますが、ハイポジションにいくにつれてこの限りではなくなります。
前述の位置を調整して、はこの部分にあたりますしチョーキングやスラップ時等は親指がネックからはみ出す事もあります。
ですが大前提は
ネックに垂直、半分よりちょい上
が基本です。

第二に小指、薬指の独立です。
扱いやすい人差し指と中指のみではルート弾きしか対応できません。
そこで薬指、小指の独立が求められます。
小指はまだ独立性がありますが、力が足りません。
薬指は力がありますが、独立性は皆無です。
必ず小指の動き、中指の動きに干渉されるのが薬指です。
死に指の異名を頂いても仕方ないかと思います(笑)
そこでひたすらにトレーニングしてください。
小指と薬指が使えた時点で、中級者入りかなと思います。
僕なんかはどうやって鍛えたらいいかわからなかったので、小指と薬指のみで一曲弾いていたりしました。
LUNA SEAのTrueBLUEだったかな?
超辛かった思い出がありますが、すごく練習になった記憶があります。

第三にフレットの際を押える事です。
そこまで激シビアでなくて大丈夫ですが、フレットの真ん中よりの後ろを必ず狙ってください。
これもやってみればわかりますが、真ん中より前を押えるとサスティーンの大幅な減少、明瞭感の減少といったよろしくないことが起こります。
理由はわかりません(笑)

こんなところでしょうか。
とりあえずこれだけできていれば、様々な曲を楽しく弾くことができると思います。
次回は、ミュートのお話をしようかと思います。

 

(2015年2月18日(水) 17:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック~ボカロ曲までサポート歴豊富!パパベーシストが親身にレッスン

Bo-zu・ベースクリニック
加山耕平 (エレキベース)

高田馬場・池袋・御徒町・秋葉原・西船橋・御茶ノ水・水道橋・銀座・葛西・浦安・行徳・神...

ブログ記事 ページ先頭へ