全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 Groovyベーススクール スクールブログ 【後編】初心者...

【後編】初心者の方が買うベース、及び機材について

~~~~~~前編より~~~~~~
※前編をお読みで無い方は、是非前編からお読み下さい。



■07:アンプ


http://p.tl/Yl3g


http://p.tl/5vSp


http://p.tl/hQOf


ベースの魅力の低音は、アンプがあって始めて再現できるので
住宅事情的に可能であれば、是非用意したほうがいいです。

mp3プレイヤーやスマホを繋ぐインプットがついてる機種の
エントリーモデルである、以上の3点をおすすめします。

部屋の壁が薄くて音を出すと、隣の人や家族に壁ドンされるぜ!
という方も安心、この手のアンプはヘッドホン端子に
ヘッドホンを挿すと、スピーカーからは音が出ない仕様になってるので、
夜間の自宅練習にもバッチリだと思います。

音質的には、どのモデルもコストパフォーマンス的には
素晴らしいと思うので、予算と見た目で決めてみてください。

ちなみにmp3プレーヤー等との接続に「①③」は

http://p.tl/vpkz


のケーブルが、「②」には

http://p.tl/S7p8


のケーブルが必要です。




■08:ヘッドフォンアンプ

http://goo.gl/td28QT


家でアンプから音を出すのが環境的に難しい場合は、この機材が便利です。

ベースのジャックに直接挿してヘッドフォンを繋げば、
アンプ経由と同じ感覚でヘッドフォンで
ベースの音を聴きながら練習することが出来ます。

さらにスマホやmp3プレーヤー等も別途つなげることが出来るので、
曲を流しながら一緒に弾く、等も可能です。

旅先にもベースを持っていって思う存分弾きたいぜ!
という練習熱心な方にもかなり便利な機材です。

ちなみにスマホ等との接続には、「■7:アンプ」で紹介している、
「⑤」のケーブルが必要です。




■09:ヘッドフォン

http://goo.gl/28W2V6


自宅練習がアンプではなくヘッドフォンメインの場合は、
ヘッドフォンにもこだわったほうがいいと思います。

僕も愛用しているのがコレです。

業界標準のヘッドフォンで、アメリカのレコーディングスタジオでは、
必ず置かれている定番機種です。

日本のスタジオでの定番、SONY「900ST」よりもハイがまろやかでかつ、
ローがふくよかなので、ベーシスト向けです。

とはいえ「900ST」と同じく下の帯域から、上の帯域までクセがなく、
フラットに聞こえるので練習用にはもってこいだと思います。

もしこだわりたい場合は、是非購入を検討してみて下さい。

ちなみにアンプにも繋がず、ヘッドフォンもせず、俺は生音で練習するぜ!
という行為は、絶対に避けたほうがいいと思います。

エレキベースは、基本的にピックアップで音を拾って、
それをアンプで増幅するのを前提に作られている楽器なので、
生音でやってしまうと、実際出る音色や音量とはかけ離れたものになるので
上達するのも遅くなるし、弾き方に変なクセがついてしまいがちなので
オススメしません。




■10:スマホアプリ

聞々ハヤえもん
・iPhone
http://goo.gl/SPvAAH

・Android
http://goo.gl/poAWiJ

・PC
http://goo.gl/i6DJkV


このアプリはmp3等のデータを読み込んで、
スピードを遅くしたり、特定の箇所をリピートしたりと、
曲を練習するには、とっても便利です。

無料でこの練習環境が手に入るのは、僕が高校生の頃の事を考えると
とてもとてもうらやましい限りです。

iPhone用、Android用、PC用がそれぞれあるようです。

こういうアプリを使うと、練習効率が飛躍的に上がります。

練習をする上で練習環境を整えると、練習の効率も上がり
上達が飛躍的に早くなるので、是非使ってみて下さい。



■11:ICレコーダー

http://goo.gl/jFtAKf


自分の演奏を録音して客観的に聴く、という事は上達への一番の近道です。

この機材があれば、自分の演奏を録音して聴くということが出来るようになります。

また、レッスンを録音することも可能なので、家に帰って復習をする時にも便利です。

値段はピンキリですが、あまり安いものだと「モノラル録音」しか出来ないモノが多いです。

この機種は「ステレオ録音」出来る機種の中でも、リーズナブルな価格帯のモノです。

ベースは基本モノラルな楽器ですが、ステレオ録音の方が空気感を含め、
その場の音場がしっかりと聞き取れるので、ステレオで録音できるものの方が
断然いいと思います。

社会人の方はレッスン以外でも、仕事によっては使える場面があると思われるので、
是非導入をおすすめします。




■最後に

オススメは以上となります。

「■01:ベース本体」~「■06:チューナー」までは購入必須、
「■07:アンプ」~「■09:ヘッドフォン」は、状況に合わせて購入という感じです。

以上で必要最小限なモノだけで比較的安価なものを買って、
3万円前後になると思います。

一人でも多くの方がベースを通じて、音楽の面白さを体感し
音楽を楽しんでもらえるといいな、と思います。

レッスンでは、そんな第一歩を気軽に楽しく踏み出してもらえるような
カリキュラムを沢山ご用意してお待ちしています。

さあ、あなたも思い切ってベーシストの仲間入りをしましょう!


 

(2015年2月13日(金) 0:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2014年MVPコーチ!100名超に指導、ウルフルズのメンバーと共演も

Groovyベーススクール
ミヤ (エレキベース)

川崎・横浜・渋谷・武蔵小杉・溝の口・登戸・大井町・経堂・向ヶ丘遊園・生田・都立大学・...

ブログ記事 ページ先頭へ