全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース東京 楽しく学べるベース・アンサンブル教室 スクールブログ 見落としがちな...

見落としがちなベース上達のコツ

こんにちは!
今回はベースに少し慣れて来た方に、もしくはある程度弾けるよと言う方が意識すると
もっとベースがカッコ良く聞こえるコツを書いてきたいと思います^^


上手いベースってなんだろうなぁ〜と考えた時に思い浮かぶのが

・リズム感が良い

とか

・難しいフレーズが弾ける

とか

・抜群に良い音色

とか

・パフォーマンスがかっこいい

とか。



まあ〜いろんな要素があると思います。

上手い!と言われるベーシストの方々はこれに限らずたくさんの「上手い」事が積み重なって
上手い!とされてるのだと思いますが、、、

その積み重なった技術の中から、今回はリズムの事に関して
良く見落とされるポイントに注目してみます。

もう一つ掘り下げて考えると

リズムの「タイミング」について。



リズムが「かっこいい」と言うと

「グルーヴ感」とか「タイム感」
そういうのがすごいとか

それがいろいろ「前ノリ」であったり「後ろノリ」であったり。

専門用語(?)的な言葉が飛び交ったりしますが

じゃあ結局具体的にどうしたら良いのか?というところでよく解らなくなったりします。


前置きが長くなりましたが、ココから本題です笑

例えば曲を練習しててフレーズも覚えてきて
何回も反復して練習してる時、
リズムよく弾けるように練習しますよね。

ここで多くの人が練習中に意識しているポイントは
完璧なタイミングで「音を出す」ところだと思います。

そこで!

さらにそこからもう一段ステップアップするためには!


音を出すタイミングを掴むのはもちろんなのですが、
次は完璧なタイミングで「音を止める」練習をしてみてください^^

これ、ほんとに上達するのに重要なポイントなんです。

上手いと言われる人は抜群のタイミングで音を出し
抜群のタイミングで弾いた音を止めます。

ベースは弦が振動している間、音が伸び続ける楽器ですので
良いタイミングで音を出したら「はい、おしまい」ではないのです。

ジャストのタイミングで音を切るのか
短く切ってタイトにリズムを刻むのか
ドシッとかまえて音価(音の長さ)を長くとるのか!

そこにも上達の鍵は隠されていると僕は思うのです。

クラシックの時代から楽譜には音価を表す
「スタカート」や「テヌート」などの表記もあります。

音楽を表現するには欠かせないポイントなんですね♪

小さな事からコツコツと、ベース練習中の方は練習メニューに一つ「音を止める練習」を加えてみてください^^


それでは、楽しいベースライフを送りましょう〜!

ではまた!

 

(2015年2月2日(月) 17:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

26時間テレビへの楽曲提供など幅広く活躍。基礎~細かな音作りまで対応

楽しく学べるベース・アンサンブル教室
ユウ (エレキベース)

渋谷・池袋・立川・吉祥寺・中野・高円寺・荻窪・明大前・下北沢

ブログ記事 ページ先頭へ