全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 Mitchのグルーヴ道場! スクールブログ ひさびさ

ひさびさ

更新です。

最近はキューバ音楽とブラジル音楽にはまっています。

うきうきしてきますね~

仕事で行っていたんですが、メキシコでは、市バス1台1台で運転手のおっさんがちゃんちゃかちゃんちゃか、ひどいときにはドンダダドンダダってカナリの大音量でメキシコ音楽を流しているんですよ。CDを凄く大事そうに持って。そうやって音楽は「当然のようにそこにあるもの」として存在するわけです。

笑っちゃいますね~。

前回の「なぜ動物的、肉体的なグルーヴが好きなのか?」ってことなんですが、こんなこといっては身も蓋もないですが、僕らが生まれ持っているものじゃないからじゃないでしょうか。あこがれ?メキシコ人がメキシコ音楽を聴いて踊り狂っているのとは、「好き」の意味合いが違うというか。

でも日本人の中にも狩猟民族の血は流れてますからねえ。
農耕民族と一概に言えない部分もあるかと。血の種類は時系列によってグラデーションしていくものではないかな。

でも日本って元から持っていたものとかに対して鈍感だし、あまり大事にしてない部分ってありますよね。演歌(まあ諸説あるがここでは「古来の伝統文化の延長線上」ととらえます)の若者文化に対する位置づけってそんなに高くないですよね。基本は戦後の荒廃した国土に圧倒的な物量でもたらされたアメリカ、西欧文化を追いかけているというか。

極端な話、ベースだってそうです。

だれも僕らのアイデンティティってどこにあるんでしょうかね。

結局、Mitchは黒人音楽が好きなんですけど!!!!!!!!

Mitchのブログもあります。
ヨーチェケラ!

みなさん、グルーヴしてますか~~~!???

キモは「体の力を抜いて、気持ちよく聞こえるように演奏する」ことですよ~。

秋刀魚が大変おいしいですね。
http://ameblo.jp/mitchthebassman/

 

(2009年10月1日(木) 19:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

LAでの活動。「野性的」と評価された魂揺さぶる演奏をあなたも身につける

ブログ記事 ページ先頭へ