全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース埼玉 みやまエレキベ−ス教室 スクールブログ 体で感じるリズ...

体で感じるリズムのとりかたについて20141026

みなさんこんばんは\(^▽^)/!


みやまです。

さて、今日お伝えしたいのはズバリ「体で感じるリズムのとりかたについて」です。

みなさんはベースを持って立って弾く際、

体の部位のどこでリズムを感じとっていますか?

脳内のみと言う人もいれば足先の人もいる事でしょう。もしかしたらアゴや首かも知れません。

激しい音楽の場合はヘドバン=ヘッドバンキングと言って頭を振るようにしてリズムを
とる人もいると思います。

このリズムのとりかたは善し悪しがあるんですよ。

ライブの姿を想像してみてください。

脳内のみ=全く動かないので棒立ちです。バラードやスローな曲以外は視覚的にはあまり見栄えはよくありません。

しかし、動かない為に指先に神経がより集中できますので速くて難しいフレーズなどに対応できます。

足先=足先が動いてるのでリズムはとりやすいでしょう。

しかし、いかにもリズムをとっているって観てる方側からすればバレバレになりこれもあまり視覚的によくありません。

首やアゴ、ヘドバン=いかにもノッてるぜ!って感じで見栄えもそこそこいいです。

しかし、頚椎を痛めてしまいがちです。ムチウチになる人もいますので要注意ですね。

じゃあ、どこでとるのか?

はい。ベストは体の中心で感じとります。即ち「腰」です。

腰でリズムをとると、体全体で感じる事になるんです。

すると足や頭や首も腰から派生しているので自由となりリズムをとる必要がないんです。

体は躍動感に溢れベースと体がひとつになるんですよ。

見栄えもよく体の中心でリズムを感じとっているのでリズムもぶれにくくなるのです。

試してみてくださいね。

see you

 

(2014年10月26日(日) 20:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ハードロックシーンで活躍!社会福祉功労賞を受賞した先生が、親切に指導

みやまエレキベ−ス教室
深山孝 (エレキベース)

南浦和・東浦和・浦和・大宮・白岡・戸田公園・上尾・東岩槻・小手指・新所沢

ブログ記事 ページ先頭へ