全国5万人が受講している「サイタ」

エレキベース教室・レッスン

エレキベース教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ベース教室エレキベース神奈川 Groovyベーススクール スクールブログ 弾いてみたシリ...

弾いてみたシリーズ⑩

こんばんわ、ミヤです。

好評を頂いている演奏動画シリーズ、記念すべき第10弾です。

10曲目という節目なので、何がいいかな~と考えた結果、
大好きな亀田さんの曲にしてみました。


曲は、「東京事変」の「能動的三分間」です。


■原曲




■カラオケバージョン




■リズム隊だけバージョン





この曲はドラムもベースも、独特なハネ具合なので、
グルーブのニュアンスを掴むのが、非常に難しいと思います。

ドラムはスネアのゴーストや3拍目の16分4個目にたまに入るバスドラは、
16分でかなりハネてるんですが、フィルがイーブンだったり、
亀田さんのフレーズもハネたり、イーブンの場所があったりで、
リズム隊的には、コンビネーションが非常に勉強になる曲ですね。

ベースはドロくさいファンキーな感じではなく、サラっとスマートな
ファンキーさがありますね。

そして随所に出てくる、亀田節とも言えるグリッサンドやビヴラート、
このニュアンスも最高です。

こうやってコピーしてみると、思ってるよりも大胆にやらないと
このニュアンスが出ないんだな、という事がわかると思います。






僕のレッスンでは何か曲を取り上げる時には、
「ニュアンス」を一番大事にレクチャーするようにしています。

同じフレーズでも、弾く人が違うと全然違うニュアンスになります。

その原因や方法を解説して、より自分がカッコいいと思えるベースを
弾けるようにお手伝いさせて頂いています。

是非、興味がある方はこの曲にもチャレンジしてみて下さい!

 

(2014年10月4日(土) 3:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

2014年MVPコーチ!100名超に指導、ウルフルズのメンバーと共演も

Groovyベーススクール
ミヤ (エレキベース)

川崎・横浜・渋谷・武蔵小杉・溝の口・登戸・大井町・経堂・向ヶ丘遊園・生田・都立大学・...

ブログ記事 ページ先頭へ