サイタ音楽教室ベース教室エレキベース東京 エレキベース・さいとう音楽塾 スクールブログ 学園祭のヒーロ...

学園祭のヒーローになろう!!~パフォーマンス編。

夏の暑さは何処へやら、すっかり秋めいてきましたね。

秋。

そう、学園祭の季節です♪

ベース/ギターをやってる・バンドをやってるアナタには、ぜひ学園祭のヒーローになってもらいたいのです。積極的に学祭ライブに参加しましょう!


今回はライブでアピール出来る簡単なパフォーマンスをいくつか紹介していきます。


■手を振り上げる
サビ直前やサビあたま、曲終わりなどで、オーディエンスを煽る感じで手を振り上げてみましょう。拳を突き上げる、人差し指で天を指すなど、びしっと決まれば効果は絶大です!プロのライブ映像を参考にすると良いでしょう。

■まわる
ブレイクやキメ、サビあたまの一発に合わせて「クルっと」一回転します。あるいは、リフを弾きながら/バッキングを弾きながら「くるくる」回転します。ヘヴィ系・ラウド系・V系なんかにピッタリのパフォーマンスです。さらにヘドバンしながら回れば最強ですね♪
ただし!これをやる場合は、他のメンバーや機材にぶつからない様に周囲に十分注意してくださいね。

■見つめる~からの、笑顔
演奏中にお客さんと目が合ったら、そのまま2~3秒見つめてみましょう。このとき照れてはダメです!見つめていると、一瞬「おや?」という空気が二人の間に流れるので、そこですかさず「ニコっと」微笑んで下さい。異性ならそれでオチます。もう一度言います、オチます。
※当ブログでは一切の責任を負うものではありません

■上記の派生技
目が合ったら、その子を指差してあげる、というのもあります。「君のために弾いてるよ/歌ってるよ」といったニュアンスですね。指差したその手で、自分の胸を拳で(親指でも)トンッと叩いてみて下さい♪これも照れてはダメです!とても威力が高いので、誰へでも使って良い技ではありません。親友や恋人、意中の子にだけしてあげましょう。脈アリの異性ならこれでオチます。
※当ブログでは一切の責任を負うものではありません

■ピック投げ
プロがたまにやるピック投げも、コツを掴めば案外簡単です。少し練習して出来そうだったら、挑戦してみても良いかと思います。ただし数百円のお金はかかりますが(笑)

■ジャンプ!
サビあたまやキメ、曲終わり等でジャンプします。これも決まるとカッコイイです!思い切り良く、高く跳びましょう♪ジャンプを高く見せるコツは、跳んだら両足を引き上げることです。この際は楽器を少し横に構え、両膝を胸元に畳み込むつもりで跳んでみましょう。パンク系・ロックンロール系にとても良く合うパフォーマンスです♪

■ジャンプ!!!!
さらに!メンバー全員でタイミング合わせて同時にジャンプが決まれば超絶カッコイイです!!ここぞという時にやりましょう!これは十分な練習が必要ですが、やってみる価値はあると思います♪



とまあ、いくつかザッと挙げてみましたが、当然ながらこれらのパフォーマンスには失敗するリスクがあります。十分に練習をして、さらにライブ当日の安全を確認したうえで挑みましょう!(ステージの広さの確認、かかとの高い靴はジャンプに向かない等)


今回も盛りだくさんな内容になってしまいましたね。
最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`*)ノ

 

(2014年9月22日(月) 19:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの大型ロックフェスに出演!ゼロ~現場レベルのノウハウまで

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着記事

今年も一年ありがとうございました! レッスンやライブ、サポート活動を通して多くの出会いがありました。 仲間や友人たちから刺激を受け、互いに高め合い、ときに励まし、 皆さんの応援と支えの中でやってこれました。 とても周りに恵まれた一年だったと思いま...

11月11日はベースの日でした。 ベースを弾いて十数年。 音楽と歩んできた人生。 沢山の素敵な仲間たちと、お客さんと、 力添えしてくれる関係者の皆さんに多大な感謝。 ベースという楽器は、 強くて、やさしくて 繊細で...

8月もいよいよ終わり。 皆さんはどんな夏だったでしょうか? 個人的にはライブも数本あり、レッスンあり、 なかなか充実した夏だったと思います。 目玉としては、やはり アップライトの“弓弾き”をいよいよ実戦投入したこと。 ベ...

夏が近づき毎日暑くなってきましたね。 皆さんいかがお過ごしでしょうか? さて。 このところエレキアップライトベースでのサポート依頼が増えてきました。 エレキアップライトベースというのは、、、 エレキウッドベースとでも言いましょうか。 エレキコ...

皆さん、きっとライブ本番前は緊張しますよね? もちろん僕も緊張します。 長年多くの場数を踏んできましたが、こればかりは仕方ありません(笑) でも、もし、 緊張状態を上手くコントロールして、良い演奏が出来たら。。。 そんな風に思って取り組んでいる事があり...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、エレキベースレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ